イオンモール株式会社(千葉県千葉市)は、ハノイ市ホアンマイ区にイオンモールのベトナム7号店、ハノイ3号店となる「イオンモール・ホアンマイ(AEON MALL Hoang Mai)」を出店する。2022年度下期の開業を目指す。

  同モールは、今年6月27日に開催されたハノイ投資カンファレンスで、グエン・スアン・フック首相らベトナム政府高官立会いのもと、ハノイ市より「当該モールにおける計画推進の承認」が発行されたプロジェクトとなる。

  立地は、ハノイ市都市鉄道(メトロ)1号線(ゴックホイ~イエンビエン間)のザップバット(Giap Bat)駅に隣接する。地下1階・地上10階建てで、敷地面積は約6万m2、延床面積は約23万4000m2(地下駐車場含む)で、総賃貸面積は約8万4000m2(オフィス含む)。駐車場は約3000台の自動車の駐車が可能。核店舗は総合スーパーマーケットのイオン(AEON)、専門店数は約200店舗の予定。

  上層階にはオフィスを設けた新フォーマット「オフィス複合型商業施設」を構築する。また、ベトナム国内における環境意識の高まりを考慮し、ベトナムのイオングループ初の試みとして、LOTUS(ベトナムグリーンビルディング協会(VGBC)が所管する建物の環境性能評価システム)などの環境基準認定でGoldランク以上の認証を取得する予定。

  ベトナムでは、2014年1月に「イオンモール・タンフーセラドン」(ホーチミン市)、2014年11月に「イオンモール・ビンズオンキャナリー」(東南部地方ビンズオン省)、2015年10月に「イオンモール・ロンビエン」(ハノイ市)、2016年7月に「イオンモール・ビンタン」(ホーチミン市)、2019年12月に「イオンモール・ハドン」(ハノイ市) がそれぞれオープンし、さらに「イオンモール・ハイフォン・レチャン」(北部紅河デルタ地方ハイフォン市)が現在開発中となっている。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)