香港メインボードに8日、2銘柄が新規上場した。

 海普瑞薬業(09989)は、公募価格18.40香港ドルに対し、初値は18.46香港ドルだった。

 同社は、高死亡率疾患を対象とする世界的な大手製薬会社。製薬会社から医薬品の開発・量産を受託するCDMO(Contract Development and Manufacturing Organization:医薬品製剤開発・製造支援事業)を展開している。EU向けの医薬品輸出では、中国国内で第1位。2010年5月から深セン証取に上場している(株式コード:002399)。

 MBV(01957)は、公募価格0.80香港ドルに対し、初値は0.435香港ドルと公募価格を45%超下回った。

 同社はマレーシアで最大のインプリント可能なアパレルプロバイダー。3月27日に予定していた上場を延期した。(イメージ写真提供:123RF)