ドル円は雇用統計の結果を好感し上昇したものの、107円72銭止まり。コロナ感染が拡大していることもあり、ドルの上値は限られた。ユーロドルは上昇。1.1297までユーロ高が進んだが、この日も1.13台には届かず。

 株式市場は予想を上回る雇用統計を好感し3指数とも揃って上昇。ナスダックは連日で最高値を更新。債券相場はほぼ横ばい。長期金利は0.67%前後で推移。金と原油は揃って上昇。

6月失業率        → 11.1%
6月非農業部門雇用者数  → 480万人
6月平均時給 (前月比) → -1.2%
6月平均時給 (前年比) → 5.0%
6月労働参加率      → 61.5%
新規失業保険申請件数   → 142.7万件
5月貿易収支       → -54.6b
5月製造業受注      → 8.0%

ドル/円   107.41 ~ 107.72
ユーロ/ドル 1.1224 ~ 1.1297
ユーロ/円  120.76 ~ 121.43
NYダウ   +92.39 → 25,827.36ドル
GOLD   +10.10 → 1,790.00ドル
WTI    +0.83  → 40.65ドル
米10年国債 -0.007 → 0.669%

【本日の注目イベント】

豪  豪5月小売売上高
中  中国6月財新サービス業PMI
中  中国6月財新コンポジットPMI
欧  ユーロ圏6月総合PMI(改定値)
欧  ユーロ圏6月サービス業PMI(改定値)
米  休場(独立記念日の振り替え休日)

 6月の雇用統計は労働市場がコロナの影響により極めて流動的であるため、事前予想通りには収まらないと思っていましたが、結果は市場予想を大きく上回っていました。失業率は予想の「12.5%」に対して「11.1%」と改善。非農業部門雇用者数は「323万人」に対して、「480万人」と大幅に増えています。多くの従業員解雇はコロナによる一時的な離職だったことで、経済活動の再開に伴い従業員も再雇用された結果です。ドル円はこの内容を受けてドル買いが先行しましたが、この日はフロリダ州では1日の感染者数及び入院者数が過去最多の増加となるなど、米国内での感染拡大が続いていることがドルの上値を抑え、結局前日とほぼ同水準で戻って来ました。

 雇用統計の結果を受け、ドランプ大統領は臨時の記者会見を開き、「今日の発表は米国経済が強力に盛り返していることを証明した」と主張し、「これは他の大統領だったら出来なかった」と誇らしげに語り、「偶然ではなく、政策の結果だ」と、大統領選を意識した発言を行っています。また、ムニューシン財務長官も「追加で直接の現金支給が必要かどうか、政府は真剣に検討する」と語っています。

 世界の感染者は1070万人、死者の数も51万7000人と、感染拡大が依然として続いている中、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長はオンラインイベントでの発言で、「新型コロナウイルスが変異の兆候を見せており、感染拡大がより容易になっている可能性がある」と指摘しました。ファウチ氏は、特定のアミノ酸に影響を与える単一突然変異が起き、ウイルスの複製が進み、ウイルス量を増加させ、伝染を容易にする可能性があることが、進行中の調査で示唆されていると述べています。ファウチ氏はまた、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発では英オックスフォード大学が先行していると指摘しつつ、パンデミックへの対処では2種類以上のワクチンが必要だと語っています。(ブルームバーグ)日本でも昨日東京都では、5月2日以来となる100人を超える感染が確認されており、第2波襲来の可能性が高まっています。

 このような状況にも拘わらず米ナスダック市場では連日最高値の更新が続いています。ナスダック指数は4日続伸しましたが、けん引したのは電気自動車メーカーの「テスラ」でした。テスラ株は昨日1日だけで10%も上昇し、連日上場来高値を更新中です。すでに時価総額ではトヨタを抜き世界一です。日本では同社のEVを見ることはあまりありませんが、それでも時折街を走っているのを目にすることも増えてきたような気がします。本日はNY市場が休みです。107円台のドル円は小動きで推移することが予想されます。

 レンジは107円20銭~107円80銭程度といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)