ドル円は大幅に反落。東京時間に108円16銭近辺までドル高が進んだものの、その後は一貫して下げ、NYでは107円36銭までドル安が進む。ユーロドルは前日とほぼ同じ動きを見せ、1.12割れが底堅いものの、上値も1.13には届かず。株式市場はまちまちながら、ナスダックは3日続伸し、最高値を更新。アマゾンなどが指数を押し上げた。ダウは反落し77ドル安。債券相場は続落。長期金利は0.67%台へ上昇。金と原油は揃って反落。

6月ADP雇用者数      →  236.9万人
6月製造業PMI(改定値)  →  49.8
6月ISM製造業景況指数   →  52.6
6月自動車販売        →  1305万台

ドル/円  107.36~ 107.60
ユーロ/ドル 1.1198 ~ 1.1275
ユーロ/円 120.26 ~ 121.14
NYダウ  -77.91 → 25,734.97ドル
GOLD   -20.60  → 1,779.90ドル
WTI  -0.55  → 39.82ドル
米10年国債 +0.020 → 0.676%

【本日の注目イベント】

豪   豪5月貿易収支
欧   ユーロ圏5月生産者物価指数
欧   ユーロ圏5月失業率
米   6月雇用統計
米    新規失業保険申請件数
米     5月貿易収支
米   5月製造業受注
米   債券市場、短縮取引
加   カナダ5月貿易収支

 ドル円は昨日の朝方、前日のNYでのドル高の流れを受け、一時108円16銭前後まで買われ、6月9日以来、3週間ぶりの高値を付けましたが、やはりと言うか、ドル買いの勢いはなく、午後には107円台半ばまで押し戻される展開でした。昨日のNYでは 米長期金利が上昇したにも拘わらず、107円36銭まで売られ、再び元の「定位置」に戻っています。引き続きドルの上値は重く、ドル安材料が散見される中、堅調な株価がドルを支える構図になっているだけに、「支え」が外れてしまったら、重要なサポートである106円前後を抜けてくることも想定されます。

 30日に発効された香港国家安法でしたが、昨日香港ではさっそく同法に基づく逮捕者が9人出たと報じられています。中国は対米関係だけではなく、対インド、オーストラリアや英国に対しても強硬姿勢を強め、外交関係を悪化させています。「習近平体制」の強化が着々と進められており、もはや平和的外交の道も閉ざされた印象です。香港国家安全法を巡り英政府は1日、約300万人の香港市民を対象に英国への移住を認める方針を明らかにしました。これにより中国との間で緊張が高まる可能性も浮上しています。

 ジョンソン首相は英下院で演説を行い、国家安全法は1984年に英国と中国が調印した共同宣言に違反していると指摘しました。首相は、「国家安全法の施行は中英共同宣言に対する明白かつ、深刻な違反だ」と述べ、「香港の高度な自治を侵害し、香港基本法と対立するものだ」と批判しました。ラーブ外相も、香港市民に対して「特別な移民ルートを新設する」ことを明らかにしています。また、米下院でも1日、香港で抗議活動を行う民主派の取り締まりに関与する中国当局者との取引を行う銀行に制裁を科す法案を、全会一致で可決させました。トランプ政権も、国家安全法に関するだけではなく、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒に対する人権侵害を巡り、中国高官に制裁を科す準備を行っていると、ブルームバーグは伝えています。

 先月9、10日に開催されたFOMC議事録が公開されました。それによると、メンバーの多くがイールドカーブ・コントロール(YCC)の必要性を確信していないことが判明しました。議事要旨では、「委員会のフォワードガイダンス自体が引き続き信頼を得ている限り、イールドカーブに上限や目標を設定する政策を採用してフォワードガイダンスを強化する必要が生じるのか明確でないと、多くの参加者が主張した」と記されていました。パウエルFRB議長も講演で、YCCの導入には再三否定的な考えを示しており、日銀が採用しているイールドカーブ・コントロールをFRBが導入する可能性は低いと見られますが、債券市場では異なった動きを見せており、早ければ9月にも導入するのではないかといった見方もあります。ブルームバーグのデータを見ると、米債券市場では5年債の利回りが低下しており、3日には過去最低の0.2657%まで下がりました。また、債券先物市場では5年債と、10年債の未決済ポジションが急増しており、市場はFRBがYCCを導入する際には、2年債と5年債を購入するのではないかといった見立てで、銀行などが先回りしている動きが想定されます。仮にFRBがYCCを導入した場合、ドル円には下落圧力がかかると予想されます。

 本日は、米国が3日金曜日が振り替え休日のため、6月の雇用統計が発表されます。コロナの影響により労働市場は大きく変動させられており、事前予想はほとんど意味を持たない程「ブレ」が大きくなっています。昨日のADP雇用者数も驚きでした。6月分はいいとしても、5月分では当初「マイナス276万人」と発表されたものが、今回は何と「306.5万人の増加」に上方修正されています。その差は実に582万人にもなり、事前予想の不確実性というか、「難しさ」を知らされました。それでも、速報値で相場は動きます。本日も波乱が予想されます。本日のドル円は106円70~107円80銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)