ドル円は小幅ながら続伸し、107円99銭まで上昇。株価が続伸し、長期金利も上昇したことで低金利の円が売られた。ユーロドルはやや水準を下げ、1.1191まで下落。

 株式市場は続伸。消費者信頼感指数など、経済指標の好転を手掛かりにダウは217ドル高。ナスダックも買われ、三度(みたび)1万ポイントの大台に。債券相場は反落。長期金利は0.65%台に上昇。金は続伸し、約8年ぶりに1800ドル台に。原油も小幅に続伸。

6月消費者信頼感指数      → 98.1
4月ケース・シラ-住宅価格指数 → 3.98%
6月シカゴ購買部協会景気指数  → 36.6

ドル/円   107.53 ~ 107.99
ユーロ/ドル 1.1191 ~ 1.1263
ユーロ/円  120.58 ~ 121.42
NYダウ   +217.08 → 25,812.88ドル
GOLD   +19.30  → 1,800.50ドル
WTI    +0.43   → 39.27ドル
米10年国債 +0.033  → 0.656%

【本日の注目イベント】

豪  豪5月住宅建設許可件数
日  4-6月期日銀短観
中  6月財新製造業PMI
独  独6月失業率
欧  ユーロ圏6月製造業PMI(改定値)
米  6月ADP雇用者数
米  6月製造業PMI(改定値)
米  6月ISM製造業景況指数
米  6月自動車販売
米  FOMC議事録(6月9-10日分)
米  エバンス・シカゴ連銀総裁、オンラインフォーラム開催

 米長期金利が上昇し株式市場も大幅に続伸したことで、ドル円は107円99銭まで、小幅ではあったものの、続伸しました。ただ、108円には届かず、ここにはドル売り注文がある程度控えていることは想像に難くありません。コロナの感染拡大が止まらない中でも、株式市場には資金が流入し、特にアマゾンなどIT株が相場をけん引しています。この日はナスダックが三度(みたび)1万の大台を回復し、ダウも引けにかけて急伸しています。一方で、金価格は一時約9年ぶりとなる1804ドルまで上昇する場面もあり、債券はやや売られたといえ、高値圏で推移しており、ここではリスクオフと言えなくもありません。結局、過剰流動性による「金余り」という言葉で受け入れるしかないように思います。

 パウエルFRB議長は下院で証言を行い、米経済は想定を超えるペースで回復しているとの認識を示す一方で、景気の先行きには依然として慎重な姿勢を崩してはいませんでした。議長は、「われわれは重要な新段階に予想より早く入った。経済活動の回復には歓迎されるが、それはまた、新たな課題、特にウイルスを抑制し続ける必要性を示す」と指摘しました。また「経済の今後の経路は極めて不確実であり、ウイルス抑制の成否に大きく左右される」とし、「人々が幅広い活動を再開しても安全と確信するまで、完全な回復の可能性は低い」と、これまでと同様、景気の先行きには慎重は見方を維持していました。ムニューシン財務長官も証言で、7月末までに新たな財政刺激策をまとめることを表明しました。

 米国内では新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、ジョンズホプキンス大学の調べでは、30日午後の時点では、24時間に4万8096人(1.9%)増加し、259万人に達しています。特に南部での感染拡大が顕著で、フロリダ州の感染者増加率は4.2%で、アリゾナ州が6.3%、カリフォルニア州でも2.9%と、深刻な状況が続いています。この日上院では、コロナ感染に関して米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長が証言を行っています。ファウチ所長は、「数字は全てを物語る。私は非常に懸念している。現状に満足していない。誤った方向に進んでいるからだ」とし、「現時点で完全にはコントロールできていないことは明らかだ」と証言しさらに、「最近の急増が好転しない場合、1日当たりの新規感染例が現在の4万人から10万人に増えても驚かない」と指摘しました。また、死者数についても、「極めて憂慮すべき数字になるのは確実だ」と付け加えています。(ブルームバーグ)感染症の専門家であるファウチ所長のこの証言を聞くと、足元の株価の動きには驚きます。このギャップに違和感を持つ人は決して少なくはないと考えます。現時点の米国内の感染者数は259万人で、死亡者数は12万6000人となっています。確率的には感染者の約4.9%の人が亡くなっていることになります。ファウチ所長の言うように、今後感染者が1日で10万人という事態になれば、約5000人の人が1日で亡くなるということです。冷静に考えれば、もはやこれは「コロナ戦争」と言えるのではないかと思います。

 ドル円は108円を伺う動きを見せていますが、ここからドル買いで攻めるのも勇気が要ります。ただそれでも安易にショートメイクをするのではなく、東京時間は上値が重く見えても、NYではもう一段の上昇もないとは言えません。上値のメドは日足の120日移動平均線と200日移動平均線がある、108円15銭~40銭辺りかと考えます。

 本日のレンジは107円60銭~108円40銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)