ドル円は反発し、107円88銭まで買われた。コロナ感染が拡大する中、住宅関連の指標が良好だったことで株価が急反発。ドル円も連動する形で上昇。ユーロドルも反発し、一時は1.1288まで買われる。ドイツの6月CPIが予想を大きく上回ったことが材料に。株式市場は急反発。中古住宅販売成約指数が44.3%と、大きく伸びたことを好感。ダウは580ドル上昇し、ボーイングなど資本材銘柄が相場を押し上げた。債券相場は続伸。長期金利は0.62%台へと低下。金はほぼ横ばい。原油は中国景気の底入れ期待から大幅に反発。

5月中古住宅販売成約件数   →  44.3%


ドル/円  107.26~ 107.88
ユーロ/ドル 1.1220 ~ 1.1287
ユーロ/円 120.75~ 121.36
NYダウ  +580.25 → 25,595.80ドル
GOLD   +0.90  → 1,781.20ドル
WTI  +1.21  → 39.70ドル
米10年国債 -0.018 → 0.623%


【本日の注目イベント】

日   5月失業率
日   5月鉱工業生産
中   6月中国製造業PMI
中   6月中国サービス業PMI
欧   ユーロ圏6月消費者物価指数(速報値)
英   英1-3月期GDP(改定値)
米   6月消費者信頼感指数
米   4月ケース・シラ-住宅価格指数
米   6月シカゴ購買部協会景気指数
米    ウィリアムズ・NY連銀総裁講演
米   財務長官とFRB議長、下院で証言


 ドル円は昨日の東京市場の107円10銭前後から反発し、NY市場では107円88銭まで買われています。日経平均株価が500円を超える下げを見せたものの、ドル円では円高がそれほど進まず、底堅い動きを見せていましたが、結局NYの株高に反応した形です。そのNY株の急反発は、5月の「中古住宅販売成約指数」が44.3%と、事前予想の19.3%から大きく伸びたことが手掛かりになったようです。この指標は、基本的には注目度も低く、いわば「じみな経済指標」ですが、昨日のマーケットでは予想の倍以上の伸びを見せたことで、一転注目されたようです。この指標で相場が大きく動いた記憶はなく、今後も「新築住宅販売」など、より重要な住宅関連指標が大きく上振れするようだと、予想外に相場に影響を与えるかもしれません。コロナ感染の拡大が止まらず、南部テキサス州などではバーの閉鎖やレストランへの規制強化が実施される中、今後再び経済活動、社会活動へのダウンリスクも予想されます。一方で、コロナによる雇用への不透明感はあるものの、FRBのゼロ金利政策の影響もあり、住宅ローン金利は過去最
低水準に留まっており、住宅購入には追い風になっています。コロナと景気の綱引きは続きます。

 新型コロナウイルスに対する治療薬として期待されている、米ギリアド・サイエンシズ社の「レムデシビル」について、同社は米国および他の先進国政府への販売価格を1バイアル当たり390ドル(約4万1800円)にすると発表しました。一般的な治療法とされる5日間のコースの価格は約2340ドルになるということですが、390ドルという価格は、政府・公共機関向けの価格で、供給ひっ迫が緩和された後は通常の流通経路を通じて販売し、米国民間医療保険会社向けの価格は1バイアル当たり520ドルになるようです。今回の発表は、今後のCOVID19治療薬の価格の前例になるため、同社の決定が及ぼす影響は大きいと見られています。(ブルームバーグ)

 中国では本日にも「香港国家安全法」が採決されそうです。これに対して、米国務省は26日に、香港市民の自由侵害への関与が疑われる中国共産党当局者に、ビザの制限措置を設けると発表しましたが、今度は中国外務省の報道官が北京での定例記者会見で、「中国当局者へのビザに制限を課すという米国の誤った決定への対抗策として、香港問題で好ましくない行動を取る米国人へのビザ発給を制限することを決めた」と発表し、具体的な対象者名は挙げず、「関係する者は自分自身で明瞭に分かるだろう」と述べました。またこの件に関してロス米商務長官は29日、「中国共産党による香港への新たな治安措置の導入に伴い香港の自治が損なわれる一方、米国の慎重に扱うべき技術が人民解放軍や国家安全省に流用されるリスクが高まる」と指摘し、その上で香港への優遇措置を認める規制を停止し、「さらなる行動も検討されている」と述べています。香港の「一国二制度」を事実上形骸化させる本法案を巡り、米中関係は悪化へのスパイラルに陥った印象です。ここ最近の中国を巡る動きを見渡すと、中国は米国だけではなく、オーストラリア、インドとも関係を悪化させており、「保護主義」「自国主義」が着実に高まっており、「反グローバリズム」の動きが強まっているように思えます。

 ドル円は「往って来い」の展開が続いています。NYで大きくドルが売られても東京では下げ止まり、逆に昨日のようにNYでドルが買われても、東京ではドルが押し戻される展開です。106-109円のレンジ相場、あるいはもっとナローに、106-108円のレンジが依然として継続されていると考えられます。

本日の予想レンジは107円20銭~108円程度と見ます。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)