Hamee <3134> は、スマホ・タブレット向けアクセサリーを販売するコマース事業を主力として、クラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。20年4月期は計画超の大幅増益だった。21年4月期は営業・経常利益横ばい予想だが保守的だろう。5G端末本格化なども追い風であり、収益拡大を期待したい。株価は急伸して18年1月の上場来高値に接近する場面があった。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
 
■コマース事業を主力にプラットフォーム事業も展開
 
 スマホ・タブレット向けアクセサリーを販売するコマース事業を主力として、EC自動化プラットフォーム「ネクストエンジン」によるクラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。19年1月にはIoT事業を開始、19年10月には投資事業を開始した。
 
■21年4月期営業・経常利益横ばい予想だが保守的
 
 20年4月期の連結業績は、売上高が19年4月期比9.9%増の113億25百万円、営業利益が50.0%増の17億44百万円、経常利益が49.0%増の17億56百万円、純利益が29.5%増の10億64百万円だった。
 
 コマース事業は7.8%増収で34.3%増益、プラットフォーム事業は7.7%増収で10.9%増益だった。コマース事業は卸販売が4月に新型コロナウイルスの影響を受けたが、小売が好調だった。自社企画商材の粗利率改善も寄与した。プラットフォーム事業はEC化の流れでネクストエンジンの契約数および利用店舗数が増加した。
 
 21年4月期の連結業績予想は、売上高が20年4月期比13.3%増の128億32百万円で、営業利益が1.9%増の17億78百万円、経常利益が0.4%増の17億64百万円、純利益が18.5%増の12億60百万円、配当予想が1円増配の8円(期末一括)としている。
 
 引き続きコマース事業(売上計画は8.5%増収)で卸販売(同3.0%減収)が新型コロナウイルスの影響を受けるが、小売(同20.2%増収)およびプラットフォーム事業(11.4%増収)の好調が牽引する。小売では20年9月に見込まれる新型iPhone商戦や、5G端末リリースなども追い風となる見込みだ。営業・経常利益横ばい予想だが保守的だろう。収益拡大を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価は急伸して18年1月の上場来高値に接近する場面があった。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。6月29日の終値は1643円、時価総額は約265億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)