ピースリー(旧トランザス) <6696> (東マ)は、メディアPlatform&ITサービスを今後の収益の柱と位置付けている。21年1月期黒字予想である。収益改善を期待したい。株価は戻り一服の形となったが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■旧トランザスが子会社を吸収合併して商号変更
 
 IoT端末・機器のファブレス型メーカーである旧トランザスが、20年5月1日付で、美容院サロンサイネージなどメディアプラットフォーム事業を展開する子会社のピースリーを吸収合併し、商号をピースリーに変更した。
 
■デジタルサイネージ関連やIoTソリューション関連を展開
 
 合併・商号変更後の事業区分は、今後の収益の柱と位置付けるデジタルサイネージ関連のメディアPlatform&ITサービス、およびIoTソリューション関連やIT技術支援関連のProduct事業としている。
 
 メディアPlatform&ITサービスの美容院サロンサイネージでは、旧ピースリー(現ピースリーが事業承継)が20年1月、デジタルガレージ <4819> およびダリアと業務提携している。3社協業体制を確立し、先行3000店舗、1.8万台のメディアプラットフォームを創出する予定だ。
 
 さらにメディアPlatform、LEDサイネージ、ホテル向け次世代型VODのNGH(Next Generation Hospitality)などの展開を加速する。
 
 IoTソリューションでは、IoT端末となるSTB、ウェアラブル端末のCygnus、IoTルーム・コントローラーのAIRUX(シンガポールの子会社TAPが21年1月期から東南アジアで本格展開開始予定)などの展開を加速する。
 
■21年1月期黒字予想
 
 21年1月期連結業績予想は、売上高が20年1月期比97.3%増の15億45百万円、営業利益が81百万円の黒字(20年1月期は1億03百万円の赤字)、経常利益が81百万円の黒字(同1億02百万円の赤字)、純利益が68百万円の黒字(同1億22百万円の赤字)としている。
 
 第1四半期は売上高が前年同期比34.4%減の1億08百万円、営業利益が63百万円の赤字(前年同期は44百万円の赤字)、経常利益が63百万円の赤字(同44百万円の赤字)、純利益が68百万円の赤字(同44百万円の赤字)だった。
 
 新型コロナウイルスの影響でサービスのスタートに一部遅れが生じたが、各種端末出荷に先立つ開発など、通期黒字化に向けた仕込みを積極的に実施したとしている。通期ベースで収益改善を期待したい。
 
■株価は調整一巡
 
 株価は戻り一服の形となったが、調整一巡して出直りを期待したい。6月25日の終値は792円、今期予想連結PER(今期予想の連結EPS19円77銭で算出)は約40倍、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS341円58銭で算出)は約2.3倍、時価総額は約29億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)