NexTone <7094> (東マ)は、著作権の管理と利用促進を推進する著作権エージェントである。21年3月期大幅増収増益予想である。新型コロナウイルスの影響については、外出自粛で音楽配信ニーズが一段と高まり、著作権等管理事業にとって追い風としている。収益拡大を期待したい。株価は高値圏から反落したが下げ渋る動きだ。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、上値を試す可能性がありそうだ。
 
■著作権等管理事業が主力
 
 20年3月東証マザーズに新規上場した。楽曲著作権者と利用者の間に立ち、著作権の管理と利用促進を推進する著作権エージェントである。
 
 著作権等管理事業(著作権管理=著作権者から委託を受けた音楽著作物の利用許諾や著作物使用料の徴収・分配など、デジタルコンテンツディストリビューション=国内外の音楽配信プラットフォームに向けた音楽・映像コンテンツの供給)を主力として、キャスティング事業(コンテンツ利用促進コーディネートなど)、その他事業(著作権・原盤等の権利処理システム、コンテンツ配信関連システムの開発など)も展開している。
 
 20年4月1日時点の著作権管理楽曲取扱原盤数は前年同期比3万8582曲増加して17万1551曲、デジタルコンテンツディストリビューション業務における取扱原盤数は12万1520原盤増加して62万6459原盤となった。
 
■21年3月期大幅増収増益予想
 
 21年3月期連結業績予想は、売上高が20年3月期比28.7%増の55億92百万円、営業利益が24.4%増の3億80百万円、経常利益が28.8%増の3億80百万円、純利益が18.7%増の2億27百万円としている。
 
 著作権等管理事業が牽引して大幅増収増益予想である。新型コロナウイルスの影響については、キャスティング事業がイベント中止の影響を受けるが、外出自粛で音楽配信ニーズが一段と高まり、著作権等管理事業にとって追い風としている。収益拡大を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価は高値圏から反落したが下げ渋る動きだ。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、上値を試す可能性がありそうだ。6月25日の終値は7540円、時価総額は約232億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)