米国でのコロナ感染第2波への警戒感が強まり、センチメントはリスク回避の流れにシフト。ドル資金への需要が高まり、ドル円は107円07銭まで上昇。ユーロドルでもドル高ユーロ安が進み、1.1248までユーロが売られる。株式市場は大幅に反落。連日最高値を更新中のナスダックは222ポイント下げ、ダウも710ドル安。債券は反発。長期金利は0.67%台へと低下。金は4日ぶりに反落。原油は在庫が予想を上回ったことを手掛かりに2ドルを超える大幅続落。

4月FHFA住宅価格指数  →  0.2%


ドル/円  106.58 ~ 107.07

ユーロ/ドル 1.1248 ~ 1.1285

ユーロ/円  120.12 ~ 120.50

NYダウ  -710.16 → 25,445.94ドル

GOLD   -6.90  → 1,775.10ドル

WTI  -2.36  → 38.01ドル

米10年国債 -0.033 → 0.679%


本日の注目イベント

独 7月GFK消費者信頼感
トルコ 中銀金融政策発表
欧 ECB議事要旨
米 新規失業保険申請件数
米 5月耐久財受注
米 1-3月GDP(確定値)
米 ボスティック・アトランタ連銀総裁、テレビ討論会に参加
米 カプラン・ダラス連銀総裁、オンラインセミナーに参加


 有事のドル買い・・・??昨日のNYではコロナ感染第2波への警戒感から好調な株価も大きく売られ、安全資産の米国債が買われ、リスクオンの流れが一気に後退しました。ここまでは、いずれ起こると予想していましたが想定外だったのは、ここで円が買われず、ドルが全面高に振れたことです。このようなケースでは安全通貨の円やスイスが買われるのが「定石」ですが、昨日はドルが主要通貨に対して買われ、異なる動きでした。いざという時の「流動性を確保する」ということで,世界通貨のドルが買われたことのようです。もっとも、このような動きは3月のコロナ感染が猛威を振るった時にも見られましたが、コロナ感染が米国で再び拡大している中でのドル高です。今後は安全通貨の円に対する認識も少し変える必要があるのかもしれません。

 米国では新型コロナウイルスの感染が再拡大してきました。1人の感染者が何人にウイルスをうつしているかを示す「再生産数」は、26州で拡大の目安である「1」を上回り、これまでで最多となっています。特に南部での感染が拡大しており、テキサス州ヒューストンでは集中治療室がほぼ満床になったとの報道もあります。コロナ感染は対岸の火事ではありません。日本でも昨日東京都で新たに55人の感染が確認されており、緊急事態宣言を解除してからは最多となり、2次感染の拡大に警戒感も出てきました。日米欧では感染拡大がピークを超え、南米にシフトしたかに見えましたが、再びコロナの逆襲が起こっているように思えます。経済活動を維持しながら感染を押さえ込もうという足元の政策が、分水嶺にさしかかっていると言えます。

 そんな中、昨日IMFは世界経済見通しを発表しました。IMFは「世界経済は大封鎖に陥り、大恐慌以来で最悪の景気後退だ」として、2020年の世界全体の成長率を「マイナス4.9%」と、4月時点での予想「マイナス3.0%」からさらに引き下げました。また2021年はプラス成長に戻るものの、前回よりも下方修正しています。IMFは「パンデミックの容赦ない拡大により、生活や雇用確保、不平等への長期的なマイナス影響の可能性が一段と高まった」と論じていますが、一方で、医療面で大きな進展があったり、経済活動が一段と早く再開したりした場合は、上方修正の可能性もあるとしています。

 ブラード・セントルイス連銀総裁はテレビ会議で、「4-6月期は年率40%のマイナス成長が見込まれており、重大な危機だ」と述べ、「戦後経験したどんな数字よりも4倍悪い」との見通しを語っています。このように、世界的な景気の大幅減速が続き、さらにコロナ感染拡大に対する強い懸念が残る中、前日までの株価の上昇にはやはり違和感があります。昨日はドル資金の確保が最優先されたようですが、日米欧の中銀はドル資金の供給には万全の体制を取っています。仮に昨日の米国株の大幅な下げが再び「株価調整」の始まりであれば、今後円が買われる状況も考えておく必要があろうと思います。このままドル円が110円に向う可能性は低いのではないかと予想します。本日のドル円は106円50銭~107円30銭程度を予想しています。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)