ミクリード <7687> (東マ)は、中小規模の居酒屋を中心とする飲食店向けに業務用食材等の通信販売を展開している。21年3月期は新型コロナウイルスの影響で未定としている。当面は飲食業界が打撃を受けているため影響が意識されるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏から反落した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、調整一巡して出直りを期待したい。

  ■飲食店向けに・・・・

続きを読む