ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railway=VNR)の子会社であるハノイ鉄道運輸[HRT](Ha Noi Railway Transport)とサイゴン鉄道運輸[SRT](Sai Gon Railway Transport)の2社は、2020年定時株主総会で合併案を承認した。構造改革が狙いとみられる。

  両社はこれまで貨物と旅客の輸送を手掛けてきたが、合併後は1社が貨物輸送、1社が旅客輸送に特化する。

  2社は格安航空会社(LCC)をはじめとする航空会社との激しい競争を強いられているほか、新型コロナ禍で打撃を受けているため、2020年業績は赤字となる見通し。

  HRTの2020年売上高は前年比▲37%減の1兆6360億VND(約75億円)、税引後利益は▲3350億VND(約▲15億4000万円)の赤字となる見込み。

  一方、SRTは売上高が同▲38%減の1兆2760億VND(約59億円)、税引後利益が▲2830億VND(約▲13億円)の赤字となる見通し。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)