ドル円はわずかながら再び107円を割り込む展開に。テキサス州でコロナ感染症による入院者が過去最多を更新するなど、コロナ感染に対する懸念がこれまで以上に強まり、ドル円は106円95銭まで下落。ユーロドルは水準を切り下げ、1.12台前半から半ばでの推移。株式市場はまちまちながら、コロナ感染第2波への懸念からダウは4日ぶりに反落。ナスダックは4日続伸。債券相場は反発。長期金利は0.73%台へ低下。金と原油は共に下落。

5月住宅着工件数     →  97.4万件
5月建設許可件数     →  122.0万件


ドル/円  106.95 ~ 107.43
ユーロ/ドル 1.1207 ~ 1.1248
ユーロ/円  120.16 ~ 120.73
NYダウ  -170.37 → 26,119.61ドル
GOLD   ―0.90 → 1,735.60ドル
WTI   ―0.42  → 37.96ドル
米10年国債  ―0.015 → 0.738%


【本日の注目イベント】

豪   豪5月雇用統計
欧   ECB経済報告
英   BOE金融政策発表
米   新規失業保険申請件数
米   5月景気先行指標総合指数
米   6月フィラデルフィア連銀景況指数
米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演

 鼻の下に髭をたっぷりとたくわえ、独特の風貌を醸し出していたボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が近く出版する暴露本に対して、米司法省は16日、本の出版は認められないとして連邦裁判所に提訴しました。暴露本では、トランプ大統領が中国の習近平主席に対して、今年の選挙で自身が農業州で勝利できるよう、米農産物を購入するよう求めていたことなどが書かれているようです。ボルトン氏は「トランプ氏が自分の好む独裁者に実質的に個人的な便宜を図るため」刑事捜査を中止させたい意向を示した際のことについて触れ、中国とトルコの主要企業が関わった件を挙げています。また、自身の政治的な利益のために法執行への介入を試みた件も、下院は弾劾調査の対象とすべきだったと、ボルトン氏は主張しています。暴露本は来週23日に発売される予定だとブルームバーグは伝えています。

 11月の大統領選に向けてトランプ氏には「強い逆風」が吹き荒れています。調査会社EPIC-MRAが5月31日から6月4日にかけて米紙デトロイト・フリー・プレスの依頼で行った調査結果では、ミシガン州でのバイデン氏の支持率は55%と、トランプ氏の39%を大きく上回っていました。(有権者600人を対象に実施。誤差率はプラスマイナス4ポイント)前回の調査からバイデン氏の支持率が着実に伸びており、ミシガン州は激戦区の一つですが、他の激戦区でも同様の結果が出ているようです。「因果応報」とでも言うんでしょうか、コロナに始まって、人種差別に対する抗議デモ、さらには上記暴露本など、トランプ氏にとっては悪材料が続きます。まだ先の話だと思っていた米大統領選までは5カ月を切ってきました。当初「楽勝」と見られていたトランプ氏の再選も、最近のマスコミの論調は「苦戦」という言葉に変わってきました。明日の本欄でも触れる予定ですが、民主党内ではすでに副大統領候補の名前も挙がっているようです。ひょっとしたら「バイデン大統領」の誕生もあるかもしれません。

 コロナ感染の第2波がより強く意識され始めて来ました。テキサス州では、コロナウイルス感染症による入院者が過去最多を更新し、フロリダ州の感染者増加率は3.3%と、この1週間の平均である2.8%を上回っており、17日までの新規感染者数は1万5348人と、週間ベースで過去最多になっています。また、オレゴン州でも感染者数の増加への対応を迫られていると伝えられています。アジアでも、中国では感染第2波により学校が再び閉鎖されており、インドネシアのコロナ感染者の数は、シンガポールを超えて東南アジア最多となっています。同国では24時間で1031人増えて、累計で4万1431人になっています。(ジョーンズホプキンス大学調べ)

 予想されていたこととは言え、ここにきて経済活動の再開に伴って感染者数も再び増加しています。今後の感染拡大状況にもよりますが、各国が再びロックダウンに踏み切る可能性もないとは言えません。しかしながら、現実的には先週ムニューシン財務長官がCNBCとのインタビューで述べていたように、経済の再閉鎖は「さらにダメージが広がる。経済の打撃だけではない。今のところ持ちこたえている医療でも問題が起きる」と思われ「経済を再び閉鎖するわけにはいかない」というのが実情です。新型コロナウイルス感染の第2波が起きたとしても、経済を再び閉鎖すべきではないという考えが、多くの国のコンセンサスなのかもしれません。まさに、「With Corona」、コロナとの共生です。

 ドル円は再び107円を割り込んできました。ドルが急落するイメージはありませんが、依然として上値の重さは気になるところです。コロナに加えて、朝鮮半島では緊張が高まってきました。また、中国とインド国境付近では両国軍の衝突により、インド側に20名の死者が出たとも報じられています。再び106円台半ばを試す展開も予想されます。その際のトリガーは、やはり米国株の急落ということになると思われます。

 本日のドル円は106円50銭~107円40銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)