ドル円は東京時間に、日経平均株価の大幅な下げに連動する形で107円を割り込む場面もあったが、NYでは107円台前半から半ばで推移。前日とほぼ同水準で取引を終える。ユーロドルは横ばい。1.13台に乗せたものの、上値は重く1.12台半ばまで押し戻される。株式市場は東京での大幅下落を受け朝方は大きく売られる。午後にはFRBが社債買い入れを発表したことなどで反発。ダウは157ドル高で取引を終える。債券相場は小幅に続落。長期金利は0.72%台へと上昇。金は続落し、原油は続伸。

6月NY連銀製造業景況指数    →  -0.2

ドル/円  107.21 ~ 107.49
ユーロ/ドル 1.1244 ~ 1.1332
ユーロ/円  120.74 ~ 121.63
NYダウ  +157.62 → 25,763.16ドル
GOLD   -10.10 → 1,727.20ドル
WTI   +0.86  → 37.12ドル
米10年国債  +0.018 → 0.722%


【本日の注目イベント】

豪   RBA議事録
日   日銀金融政策決定会合
日   黒田日銀総裁記者会見
独   独5月消費者物価指数(改定値)
独   独6月ZEW景気期待指数
欧   国際エネルギー機関(IEA)月報
英   英5月失業率
英   英ILO失業率(2月ー4月)
米   5月小売売上高
米   5月鉱工業生産
米   5月設備稼働率
米   6月NAHB住宅市場指数
米   パウエル・FRB議長、上院銀行委員会で証言


 昨日の東京時間午後2時過ぎから、日経平均株価が一段と下げ足を速めたため、ドル円も107円を割込み、106円98銭まで売られました。新型コロナウイルスの感染第2波に対する懸念から、市場のセンチメントが悪化したことで売りが優勢になったようです。「東京アラート」を解除した途端、タイミング悪く、東京都の新たな感染者が増加し、昨日も48人の感染者が出ています。

 NY市場ではこの流れを受け、朝方から株価は軟調となりダウは一時700ドルを超える下げを見せていましたが、午後にはFRBの発表がこの流れを一変させました。FRBは緊急融資プログラムの1つである「セカンダリーマーケット・コーポレートクレジットファシリティー(SMCCF)」の下で米企業の社債買い入れを開始することを発表しました。FRBは声明で、「この指数は、米企業が発行した流通市場の社債で、SMCCFが定める最低格付け条件や最大償還期限といった基準を満たすもの全てで構成されている」と説明し、「この指数に基づくアプローチにより、現在実施中のETF購入が補完される」と加えています。(ブルームバーグ)また米金融当局は、中小企業向け融資を支援する「メインストリート貸し付けプログラム(MSLP)」の受付を開始し、融資を即時始めるよう金融機関に通知したことも発表しています。

 米国ではフロリダ州など多くの州でコロナによる新たな感染者が増加しており、クオモNY州知事が「企業が現行の規制を守らず、市民が社会的距離を取らなければ、経済再開を見直して再び制限措置を命じるだろう」と述べるなど、感染の第2波に対する懸念が強まっていました。先の会見では、「できることは何でもやる」と明言していたパウエル議長でしたが、FRBはその言葉通り行動を起こした格好です。コロナ感染第2波への懸念は米国だけではありません。日本や中国でもそのリスクが高まっており、特に南米での感染拡大はさらに勢いを増しているようです。ブラジルを筆頭に、国別感染者数の上位15位には、ペルー、チリ、メキシコが入っており、今後はさらに増加していくと見られます。(6月15日午後4時現在、ジョーンズ・ホプキンス大学調査)株価を動かす大きな材料の一つがコロナ感染の拡大状況です。その株価の動きが「リスクオン」を強めたり、後退させたりすることでドル円を動かします。引き続き、コロナの感染状況を把握することは必要です。

 本日のNYでは、経済活動や個人の消費に関するデータが発表され、パウエル議長の議会証言が予定されています。また日銀決定会合でも政策変更はないと見られ、いずれも中銀トップの発言内容が注目されますが、大きな相場変動にはつながらないと思われます。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)