日本電気株式会社(NEC、東京都港区)は、日本、中国、香港、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナムを結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「Asia Direct Cable(ADC)」のシステム供給契約を締結した。ケーブルは2022年末に完成する予定。

  契約先は、ソフトバンク株式会社(東京都港区)を含むグローバル通信事業者など8社からなるコンソーシアム。ベトナムからは、国防省傘下の携帯通信大手の軍隊工業通信グループ(Viettel Group=ベトテル)が参加している。

  ADCは総延長距離約9400kmの光海底ケーブルで、最新の光波長多重伝送方式を採用し、設計容量は毎秒140Tbps以上。

  ADCの敷設により、第5世代移動通信システム(5G)をはじめ、クラウドサービス、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などにより増加する東南アジア・東アジア間の通信需要の増加に対応する。

  また、最新の光伝送技術を活用することで、アジア地域のネットワークの冗長性の確保、高信頼な通信の実現、回線需要変化への柔軟な対応にも貢献することが期待される。

  なお、日本で唯一、深海8000mの水圧に耐えられる光海底ケーブルを製造可能なNECの子会社である株式会社OCC(神奈川県横浜市)が、同ケーブルの製造を担当している。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)