ドル円は続落。ダウが反落し、長期金利も低下したことから、ドル売りが優勢となり107円63銭まで下落。ユーロドルは引き続き1.13前後のもみ合いから上昇。ドル安の流れから1.1364までユーロが買われる。

 株式市場はナスダックの健闘が目立ち、同指数は一時初となる1万の大台に乗せる場目も。ダウは300ドル下げる。債券相場は続伸。長期金利は0.05%低下し、0.82%台に。金は続伸し、原油は反発。

ドル/円   107.63 ~ 108.19
ユーロ/ドル 1.1280 ~ 1.1364
ユーロ/円  121.86 ~ 122.52
NYダウ   -300.14 → 27,272.30ドル
GOLD   +16.80  → 1,721.90ドル
WTI    +0.75   → 38.94ドル
米10年国債 -0.050  → 0.825%

本日の注目イベント

豪  6月ウエストパック消費者信頼感指数
中  5月消費者物価指数
中  5月生産者物価指数
欧  OECD経済見通し
欧  OPECプラス会合
米  5月消費者物価指数
米  5月財政収支
米  FOMC 政策金利発表
米  パウエル議長記者会見

 ドル円は続落し、107円台半ばまで戻っています。昨日の東京時間からドルの上値が重い中じりじりと値を下げ、108円を割り込む場面もありましたが、その流れは海外市場にも受け継がれ、NYでは107円63銭までドルが売られています。長い間107円台でもみ合っていたドル円を108円台に乗せ、109円85銭まで押し上げた原動力は「株高に伴うリスクオン」でしたが、株価の上昇が一服したことで、リスクオンの高まりも一服といったところです。本日のFOMCを前にポジション調整といった意味合いもあるようです。

 前日までは日米の株価が大きく上昇し、コロナショックで暴落した分をほぼ取り戻した状況でした。昨日のNY株式市場ではさすがに、ダウは売られましたが大型ハイテク株で構成するナスダック指数はザラ場で初めて1万の大台に乗せる場目がありました。引け値では1万台キープはなりませんでしたが、それでも連日で最高値更新を達成しています。ダウが下げた分、ドル円も利益を確定する動きとなり、元の水準に戻されています。ここは、比較的居心地のよいレベルなのかもしれません。

 今後も株価が再び上昇するようだと、ドル円も110円に接近する動きがあろうかと思いますが、この欄で何度も述べているように、株価のさらなる上昇には、企業収益の拡大や、景気の急回復が必要ですが、その「実態」が伴っていません。景気回復は「U字回復」か「L字回復」しか見込めない中、株価だけが「V字回復」を達成しているこれらの動きに、多くの専門家が違和感を禁じ得ないのが実情です。日経電子版でも「株式相場偽りの夜明け。バブル崩壊に備えるとき」と題したコラムが掲載されていました。そこでは、コロナ感染の第2波の恐れ、中国が制定した「国家安全法」を巡る香港での民主化デモ、あるいはミネソタ州での黒人暴行死事件に対する抗議デモといったリスクを全く無視した株価の上昇を、警告しています。バブル崩壊前には、企業業績、ファンダメンタルズ、あるいはチャートが示す警戒シグナルなどは、無視され、「行くとこまで行く可能性がある」と警告していました。

 株価の上昇によってもたらされた「ドル高円安」は、当然のことながら株価が下落に向えば解消されることになります。105-110円のレンジ相場をどちらにも抜け切るのは簡単ではありませんが、ここは、チャートを基本に利益が取れるものは確実に押さえておく手法が有効かと思います。本日はFOMCの発表があります。発表は明日の朝方の3時で、今回は政策変更はないものと思われますが、FOMCメンバーによる、雇用・成長予測が公表されます。5月の雇用統計では予想を大きく上回る雇用結果が発表された後だけに、メンバーの予測もバラケル可能性があります。

 ただ、それでも大勢は5月の雇用結果には満足せず、引き続き緩和政策の継続が必要で、さらに景気の悪化が見込まれると判断したら追加の緩和策を講じる、といったメッセージを送ってくるのではないかと予測しています。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)