ディ・アイ・システム <4421> (JQ)は独立系の情報サービス企業で、システムインテグレーション事業を主力としている。20年9月期は先行投資で減益予想だが、第2四半期累計は計画超だった。新型コロナウイルスの影響は限定的だろう。収益拡大を期待したい。株価は水準を切り上げて戻り高値圏だ。上値を試す展開を期待したい。
 
■システムインテグレーション事業が主力
 
 独立系の情報サービス企業である。システムインテグレーション事業(業務システムの設計・開発、ITインフラの設計・構築、および運用・保守)を主力として、教育サービス事業(新入社員・中堅技術者向けIT研修)も展開している。
 
 19年9月期の売上構成比は、システムインテグレーション事業95%、教育サービス事業5%、売上総利益構成比はシステムインテグレーション事業93%、教育サービス事業7%だった。
 
 システムインテグレーションの顧客別売上構成比は元請けが14%、一次・二次請けが86%だった。NTTコミュニケーションズなど大手SIerとの長期取引関係を事業基盤としている。
 
■先行投資を21年9月期から回収する戦略
 
 中期経営計画では目標値として、22年9月期売上高57億19百万円、売上総利益11億83百万円、営業利益3億04百万円を掲げている。20年9月期に実施する成長投資を21年9月期から確実に回収する戦略だ。中小規模案件の元請け獲得を加速させるワンストップ体制の強化・拡大にも取り組む。
 
■20年9月期減益予想だが2Q累計は計画超
 
 20年9月期連結業績予想は、売上高が19年9月期比17.3%増の45億22百万円、営業利益が41.4%減の1億38百万円、経常利益が38.3%減の1億35百万円、純利益が39.5%減の94百万円としている。配当予想は19年9月期と同額の25円(期末一括)である。
 
 新規案件獲得増加で2桁増収だが、内部管理体制強化に伴うソフトウェア投資、大阪事業所オフィスの増床、横浜サテライトオフィス新設など、中期成長に向けた先行投資の時期と位置付けて大幅減益予想である。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比20.7%増の21億46百万円、営業利益が25.2%減の98百万円、経常利益が14.7%減の98百万円、そして純利益が16.4%減の61百万円だった。
 
 内部管理体制強化に伴うソフトウェア投資、業容拡大に伴うオフィス新設・増床などの先行投資で減益だが、売上、利益とも計画超だった。システムインテグレーション事業が好調に推移し、管理徹底も寄与した。新型コロナウイルスのリスクを考慮して通期予想を据え置いたが、影響は限定的だろう。収益拡大を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価は水準を切り上げて戻り高値圏だ。上値を試す展開を期待したい。6月9日の終値は1418円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS61円69銭で算出)は約23倍、今期予想配当利回り(会社予想25円で算出)は約1.8%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS568円70銭で算出)は約2.5倍、時価総額は約22億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)