ドル円は大幅に反落し、一時は108円24銭まで下落。長期金利もやや低下し、利益確定のドル売りが相場を押し下げた模様。ユーロドルも上値を切り下げてきたものの、水準は前日と変わらず。株式市場は大幅に続伸。ダウは6日続伸し、2万7500ドル台に。ナスダックは最高値を更新。債券は続落して始まったが、その後切り返し上昇。長期金利はやや低下し、0.87%台に。金は反発し1700ドル台を回復。原油は6日ぶりに反落。

ドル/円  108.24 ~ 109.41

ユーロ/ドル 1.1276 ~ 1.1318

ユーロ/円  122.22 ~ 123.52

NYダウ  +461.46  → 27,572.44ドル

GOLD   +22.10 → 1,705.10ドル

WTI   -1.36  → 38.19ドル

米10年国債  -0.020 → 0.875%

本日の注目イベント

豪 5月NAB企業景況感指数
独 4月貿易収支
独 4経常収支
欧 ユーロ圏1-3月期GDP(改定値)
欧 OPEC総会
米 FOMC(10日まで)

 多くの専門家が、足元の株価の急上昇は実体経済から乖離していると指摘する中、日米ともに株価の上昇が止まりません。もっとも、日本の株価の上昇は米国株の上昇に引っ張られていると思いますが、米国株は昨日も大きく買われ、ダウはこの日も461ドル上昇し、コロナショックで失った下げ幅をほぼ解消。ナスダックは最高値を更新するなど、説明が付かないほどの上昇を見せています。4月に入ってから上昇を見せた株式市場は当初、ショート筋の買い戻しということで説明できましたが、その後の上昇は、しびれを切らした新規の資金が流入したようです。今朝の経済紙には「日本株、持たざるリスク」といった言葉が紙面を飾っていました。

 そんな中、ドル円は大きく反落しています。NY市場では1円を超える下げ幅となり、108円24銭までドル安が進んでいます。これといって、ドルが大きく売られる理由はなかったと思われますが、クロス円全体も売られていることから「利益確定のドル売り」が円買いを促したといった状況です。リスクオンが急速に高まったにも拘わらず、節目の110円を抜け切れなかったことも、一旦ドルを手放す理由になった理由として挙げられそうです。今のところ、105-110円のレンジは機能しているようです。

 世銀は8日、世界経済の見通しを発表し、新型コロナウイルスの感染拡大によって、2020年の世界経済の成長率がマイナス5.2%に減速するとの見方を発表しました。コロナの感染状況によっては今後さらに落ち込む可能性があることも指摘しています。日本の成長率はマイナス6.1%と、世界全体よりも落ち込みが大きく、2021年には世界全体がプラス4.2%と予測される中、日本は2.5%のプラスに留まると見られています。

 これに先だち、景気循環を判定する全米経済研究所(NBER)は、過去最長となった米国の景気拡大局面が今年2月に終了したと判断し、新型コロナに端を発したリセッション(景気後退)入りを正式に発表しました。今回の景気拡大は2009年7月から始まり、10年8カ月をもって終了したことになります。ブルームバーグは「It’s Over」といった見出しでこの内容を伝えています。ミネソタ州で起きた黒人傷害死事件に対する抗議デモは全米から世界各地に広がりを見せており、今後対応を誤ると、コロナに次ぐ第2の惨事になる可能性もあります。そのミネソタ州では市議会が警察の解体プロセスに着手するようです。現在の警察に取って代わるプランは現時点ではないものの、新しい治安体系について地域社会と協議する方針だと、ミネアポリス市議会議員らは述べていると報じられ、白人警察官が行う、黒人に対する業務執行上の暴力でも、ほとんど罪にならない現行の警察制度を大きく変えることになるかもしれません。

 ドル円は110円を目前にしてUターンしてきましたが、株価が堅調なうちは大きな下げにはつながらないと思われます。1時間足では10日ぶりに「雲を下抜け」して短期的な調整を示唆していますが、2時間足の雲が下落を支えている格好になっています。本日はドルの目先の底値を探る展開を予想しますが、水準が水準だけに、昨日のドル円と同じ様にいつ株式市場が利益確定の売りに見舞われるかもしれません。株価の動きには注意したいと思います。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)