建設技術研究所 <9621> は総合建設コンサルタントの大手で、マルチインフラ&グローバル企業を目指している。20年12月期増収増益予想である。新型コロナウイルスによる業績への直接的な影響は限定的だろう。収益拡大を期待したい。株価は戻り一服となってモミ合う形だが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■総合建設コンサルタント大手
 
 総合建設コンサルタントの大手で、河川・ダム・海岸・海洋、道路、橋梁、トンネル、都市・地方計画などの分野に強みを持っている。
 
 海外では英Waterman Group Plc(ロンドン証券取引所上場)を連結子会社化している。19年12月期のセグメント別売上構成比は国内建設コンサルティング事業が73%、海外建設コンサルティング事業が27%、営業利益構成比(連結調整前)は国内建設コンサルティング事業が90%、海外建設コンサルティング事業が10%だった。収益面では案件ごとの採算性や売上計上時期によって四半期収益が変動しやすい特性がある。
 
 中長期ビジョン「CLAVIS2025」では、目標数値として25年単体受注高400億円、連結受注高600億円を掲げている。マルチインフラ&グローバル企業を目指し、グループ一体となった事業拡大を推進する。
 
 なお18年2月AIベンチャーの知能技術と資本業務提携、18年10月エスプール <2471> と契約して障がい者雇用のCTIフレッシュグリーン農場を開園している。
 
■20年12月期増収増益予想
 
 20年12月期連結業績予想は、売上高が19年12月期比3.8%増の650億円、営業利益が3.1%増の44億円、経常利益が2.3%増の45億円、純利益が3.3%増の29億円としている。受注高の計画は9.5%減の640億円である。配当予想は19年12月期と同額の35円(期末一括)である。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比1.7%増の115億29百万円、営業利益が3.0%減の1億17百万円、経常利益が6.2%減の1億31百万円だった。純利益は35.2%増の70百万円だった。防災・減災対策の強化など国土強靭化計画の推進を背景として、概ね順調に推移した。
 
 第1四半期は営業微減益だったが、新型コロナウイルスによる業績への直接的な影響は限定的だろう。収益拡大を期待したい。
 
■株価は調整一巡
 
 株価は戻り一服となってモミ合う形だが、調整一巡して出直りを期待したい。6月4日の終値は1729円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS205円09銭で算出)は約8倍、今期予想配当利回り(会社予想35円で算出)は約2.0%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS2169円53銭で算出)は約0.8倍、時価総額は約245億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)