地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)は28日、ハノイ市内で自社ブランドの電気自動車(EV)の試運転を行った。

  試運転の模様を撮影した映像などは公開されたが、イタリア最大の自動車デザイン会社ピニンファリーナ(Pininfarina)が手掛けたというデザインについては、「VinFast Nextgen」の文字がプリントされたカバーで隠されており、詳細は不明。

  ビンファストは、このEVを11月に米国・ロサンゼルスで開催されるモーターショーで展示する予定。その後は、2021年1月に世界各国で試運転を行い、2021年7月に量産体制に突入する計画。

  搭載する電気エンジンのメーカーなども明らかにされていないが、1回の充電で走行可能な距離は最大500kmだという。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)