米中関係の悪化を織り込む形でドル円は小幅に下落。107円55銭まで売られたが、経済活動の早期再開に向う米国への期待もあり、ドル売りも勢いがなく107円台で推移。ユーロドルは続伸。朝方には3週間ぶりとなる1.10台まで上昇。

 株式市場は反落。ダウは101ドル下げ、他の主要指数も揃って反落。「1歩後退・2歩前進」の流れが続く。債券は小幅に上昇。長期金利は0.67%台でほぼ変わらず。金は大き・・・・

続きを読む