協立情報通信 <3670> (JQ)はソリューション事業とモバイル事業を展開している。さらに中期成長に向けてサービスの高度化・多様化を推進している。21年2月期横ばい予想である。当面は新型コロナウイルスの影響が懸念材料となるが、一方では5Gサービス本格化に伴って関連商材の拡販が見込まれる。収益拡大を期待したい。株価は4月の安値圏から反発の動きを強めている。出直りを期待したい。

 ・・・・

続きを読む