5月22日に中国全人代が開幕する。大和総研経済調査部の主席研究員の齋藤尚登氏は18日、「中国:急回復は本物か?」と題したレポート(全6ページ)を発表し、全人代の注目ポイント等を解説した。レポートの要旨は以下の通り。 ◆4月の鉱工業生産は前年同月比3.9%増(以下、変化率は前年同月比、前年同期比)、輸出は3.5%増となった。消費関連では自動車販売台数が22ヵ月ぶりの増加となり、固定資産投資のうちインフラ・・・・

続きを読む