グエン・スアン・フック首相は5日に開かれた政府定例会合で、ベトナムの2020年の国内総生産(GDP)成長率の目標値を+5.0%以上に下方修正し、消費者物価指数(CPI)を4.0%以下とする方針を明らかにした。

  新たな目標値は、国会が承認した今年の目標値である+6.8%を下回るものの、世界銀行(WB)などの国際機関の予想を上回る。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の・・・・

続きを読む