新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により航空会社と旅行会社が大きな打撃を受け、2020年1-3月期にベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)、バンブー航空(Bamboo Airways)に52.11%出資するFLCグループ[FLC](FLC Group)、国内トップブランドの旅行会社ベトトラベル[VTR](Vietravel)はいずれも赤字となった。中でもHVNは、赤字額が前年通年の利益を上回った。

  HVNは同期の売上高が前年同期比▲26%減の18兆8130億VND(約870億円)で、うち最大の割合を占める輸送売上高が同▲6兆3030億VND(約290億円)減と最も大きく減少した。税引後利益は▲2兆6110億VND(約▲120億)の赤字となり、同期の赤字額は2019年通年の2兆5370億VND(約117億円)の黒字額を上回った。

  FLCは、親会社株主帰属利益が前年同期の黒字から▲1兆1720億VND(約▲54億円)の赤字に転落し、四半期として約8年ぶりの赤字となった。

  一方、VTRの売上高は同▲40%減の7900億VND(約36億4000万円)で、うち旅行サービスが同▲47%減、航空券販売も同▲30%減だった。税引後利益は前年通年の440億VND(約2億0300万円)に対し、1-3月期だけで▲415億VND(約▲1億9000万円)の赤字となった。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)