ドル円は米株価の上昇やユーロ安から1週間ぶりに108円台に乗せる。その後コロナ薬への期待が後退し、株価が下げたことで107円35銭近辺まで下落。ユーロドルはPMIが予想よりも下振れていたことで下落。1.0762まで売られ、対円でも115円台半ばまでユーロ安が進む。

 株式市場は原油価格が上昇したことを受け朝方は大きく買われたが、ギリアド社のコロナ治療薬が臨床試験での結果が思わしくなかたことで上昇幅を縮小。ダウは39ドル高でナスダックは小幅に下落。債券相場は反発。長期金利は0.60%台に低下。金と原油価格は上昇。


新規失業保険申請件数       → 442.7万件
3月新築住宅販売件数       → 62.7万件
4月マークイット製造業PMI   → 36.9
4月マークイットサービス業PMI → 27.0

ドル/円   107.35 ~ 108.05
ユーロ/ドル 1.0762 ~ 1.0846
ユーロ/円  115.64 ~ 116.81
NYダウ  +39.44 → 23,515.26ドル
GOLD  +7.10  → 1,745.40ドル
WTI   +2.72  → 16.50ドル

米10年国債 -0.018 → 0.602%

本日の注目イベント

日  3月消費者物価指数
独  4月ifo景況感指数
英  3月小売売上高
米  3月耐久財受注
米  4月ミシガン大学消費者マインド(確定値)
米  企業決算 → アメックス、ベライゾン、サノフィ


 原油価格が落ち着きを取り戻したことが株価に影響し、昨日のNY株式市場は大きく上昇して始まりましたが、その後、新型コロナの治療薬として期待されていたギリアド・サイエンシズ社の「レムデシビル」が、有効性を示せなかったと伝わったことでダウは上げ幅を縮小。ユーロ圏のPMIが発表されましたが、製造業、サービス業、いずれも市場予想を下回ったことでユーロ安が進み、ユーロは対ドルで1.0762前後まで売られました。この影響でドル円でも円売りが進み、一時108円台に乗せる場面もありましたがやはり勢いはなく、その後107円台前半まで押し戻され、結局元の値位置に戻っています。まだ107-108円のレンジを、どちらにも明確にブレイクする兆候は見られません。米国の新規失業保険申請件数は前の週よりも減少していましたが、「442.7万件」と、依然として高水準でした。新型コロナウイルスの感染が拡大した3月下旬からの申請件数の累計は、これで約2600万件となり米企業では急速にレイオフが進んでいることを示しています。

 来週27日から始まる日銀の金融政策決定会合での政策内容の変更を今朝の日経新聞が伝えています。それによると、日銀は現在年80兆円をメドとしている国債購入を「無制限」に変更することを検討するようです。新型コロナ対策の拡充で国債の増発が予定されており、増発による金利上昇を抑制しようとする狙いです。また4.2兆円の社債と、3.2兆円のCPの購入についても、購入額を倍増することを検討していると報じています。これらの政策により、市場に資金を潤沢に供給し、企業の資金繰りの安定化に資することになります。

 コロナウイルスの感染が先行した欧州では、来週にも一部の国でロックダウンの段階的緩和が予定されています。イタリアでは回復者の数が、新規感染者数を初めて上回ってきました。またNY州では入院者数はほぼ横ばいに留まっていますが、クオモNY州知事は「素晴らしいニュースではない」としながらも手ごたえを感じているようです。一方日本では23日、コロナによる死者は29人と、これまでで最も多くなっています。感染者数も421人で、パンデミックとは言えないまでも、減少する気配はありません。政府や東京都知事も指摘しているように、大型連休が始まる来週からの2週間が収束か拡大かの「分水嶺」になると見られます。

 そろそろストレスもピークに達している人も多いかと思いますが、ここが辛抱のしどころです。「夜明け前が一番暗い」という言い方もあります。気を入れなおして頑張るしかありません。志村けん氏に続いて昨日は岡江久美子さんがコロナで亡くなりました。まだ63歳と若いにも拘わらず、6日に容態が急変して2週間ほどで亡くなっています。イタリアでの調査では、感染して平均8日ほどで亡くなるという報告もあります。コロナを甘く見てはいけません。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)