新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による肺炎が世界的に蔓延している中、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)はこのほど、人工呼吸器と体温測定器を生産すると明らかにした。

  VICは同社傘下の研究所を動員し、短期間で具体案を打ち出した。VICは気管切開下陽圧換気(TPPV)向けと非侵襲的陽圧換気(NPPV)向けの人工呼吸器を生産し、TPPV向けについては医療機器の開発・製造・販売を手掛けるメドトロニック(Medtronic)と契約を締結し、メドトロニック社製の人工呼吸器「PB560」の設計を使用する。

  各種人工呼吸器は、VICの電動バイク・自動車工場「ビンファスト(VinFast)」とスマートフォン生産工場「ビンスマート(VinSmart)」で生産する。部品は一部を内部調達し、一部を海外から輸入する。

  月産能力は、TPPV向けが1万台、NPPV向けが4万5000台の見通し。1台あたりの生産コストは、TPPV向けが1億6000万VND(約75万円)、NPPV向けが2200万VND(約10万3000円)と試算される。

  VICは生産コストに相当する価格で保健省に製品を販売する。また、これとは別に、自社製のNPPV向け人工呼吸器5000台を同省に贈呈する。

  体温測定器については、既に試作品の生産に成功している。1台あたりの生産コストは1600万VND(約7万5000円)と試算され、市場に出回っている従来の製品の価格を下回るという。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)