東京時間では株価の大幅下落に伴い107円12銭前後まで売られたドル円は、海外市場では反発。NY市場では108円台に乗せ、108円29銭まで買われたが、107円台後半まで押し戻されて取引を終える。ユーロドルは反落。1.1010近辺まで売られ、ドル高が優勢に。株式市場は反発。新型コロナの迅速な検査に向けた取り組みに期待感が広がり、ヘルスケア株を中心に上昇。ダウは690ドル高。債券相場は反落。長期金利は0.72%台へと上昇。金は反落し、原油は一時20ドルを割り込む。


ドル/円 107.66 ~ 108.29
ユーロ/ドル 1.1010 ~ 1.1062
ユーロ/円  118.79 ~ 119.50
NYダウ  +690.70  → 22,327.48ドル
GOLD   -10.90 → 1,643.20ドル
WTI   -1.42 → 20.09ドル
米10年国債 +0.052 → 0.726%

【本日の注目イベント】

日   2月失業率
日   2月鉱工業生産
中   中国3月製造業PMI
中   中国3月サービス業PMI
独   独3月失業率
英   英10-12月期GDP(速報値)
米   1月ケース・シラ-住宅価格指数
米   3月消費者信頼感指数
加   カナダ1月GDP

 昨日の東京市場では朝方に日経平均株価が大きく売られ、一時は先週末比800円を超える下げを見せました。ドル円もそれに伴って下落し、107円12銭前後まで円高ドル安が進み、約2週間ぶりの水準を付ける場面がありました。午後には株価が下げ幅を縮小したことで107円台半ばを超え、NY市場での108円台回復につながったと思われます。日本でも東京都を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、昨日はネット上で政府が近く「ロックダウン」を発動するといった噂まで飛び交うほど、感染拡大を巡る、非常に重要な局面にいます。安全通貨としての円もややその効力を失いつつある中、無条件に円買いを進めるわけにもいかないといった状況かと思います。

 足元では日米欧が懸命にコロナ対策に奔走していますが、どこの国がいち早く効果的な体制を構築し、その効果が目に見えて来るのかが、為替の水準を決めることになるのもしれません。その意味では昨日、日米で新型コロナウイルスの治療に関する臨床試験(治験)に着手するといった「朗報」が発表されています。日本では富士フイルムの子会社である富山化学が「アビガン」の有効性に関する臨床試験を、本日31日から始めることを発表しています。米国では、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が新型コロナウイルス感染症向けワクチンの臨床試験を11月の早い時期に開始すると発表しています。同社は今月中にワクチン候補を選ぶ見込みで、広範な生産に向けた工程を進めていくと見られています。

 そのコロナウイルスによる感染は米国で急拡大しており、感染者数は16万人に迫ると報告されています。ただ、米国もポルトガルも感染者数は依然として増加していますが、そのペースは鈍化しているようで、感染のピークは近いとの見方もあるようです。ただ世界全体でみた場合、感染者数は確実に増えているのが実情です。東京都での感染者数も昨日は13人で、ここ数日40-68人の感染者数が出ていたことに比べると一気に減少していますが、これが一時的なものなのかどうか、今後1週間ほどが分岐点と言われています。

 原油価格が再び下げ足を速め、昨日のNYマーカンタイルでは一時20ドルを割り込み、19ドル27セント辺りまで売られる場面がありました。新型コロナウイルスの影響から世界的に企業の生産活動が落ち込み、人の移動もほぼ制限されている状況から、原油の消費量が急激に減少することが予想されます。加えて、サウジが過去最大級の増産体制に移行するといった「価格戦争」が、原油価格を大きく下げています。米国ではすでに生産コストの高いシェールオイル会社が休止に追い込まれており、生産コストが40-50ドルと言われている米国のシェールオイル企業は、採掘すればするほど赤字
が膨らむ状況です。一方のサウジアラビアの生産コストは3ドル以下と言われ、圧倒的な価格競争力を持っています。原油価格を一気に下げてシェア拡大を狙うサウジの戦略が、今のところ機能しているようです。トランプ大統領は30日、ロシアのプ―チン大統領と電話で会談し、ロシアとサウジによる原油価格戦争について話し合いました。米ロ首脳は、両国のエネルギー担当者による協議を実施することで合意し、トランプ氏は会談前、エネルギーセクターが「壊滅的な打撃を受ける」のを目にしたくはないと述べていた、とブルームバーグは伝えています。

 本日は多くの企業の決算日です。レパトリによるドル売り圧力はほぼ終えているものと思われますが、東京市場ではいつものように、ドル売り意欲が強く、余程の好材料がない限り上値は限定的と見られます。動きが比較的穏やかだった昨日でさえ、1円以上の値動きになっています。引き続き慎重にトレードすることが肝要です。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)