協立情報通信 <3670> (JQ)は、ソリューション事業とモバイル事業を展開し、ストック型モデル強化によって高収益化を目指している。20年2月期は減収減益予想だが、21年2月期は5G関連として収益拡大を期待したい。株価は地合い悪も影響して昨年来安値を更新したが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。 ■ソリューション事業とモバイル事業を展開

 中堅・中小企業のIC・・・・

続きを読む