米国株がさらに下げ、長期金利も低下したことで、ドル円は105円15銭まで下落。その後は「有事のドル」の側面もあり105円台後半まで反発。ユーロドルはやや反発し、1.120前後まで値を戻す。株式市場はFRBの緊急利下げにも拘わらず大幅な下げに。ダウは再び過去最大の下げ幅となる2997ドル安。債券相場は反発。長期金利は0.71%台まで低下。金は3日大幅続落で1486ドルに。原油も4日続落。30ドルを大きく割り込み・・・・

続きを読む