クリーク・アンド・リバー社 <4763> はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。20年2月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪で昨年来安値を更新する形だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。

  ■クリエイティブ分野中心にエージェンシー事業やプロデュース事・・・・

続きを読む