ドル円は大きな値幅を伴い乱高下。ECBの理事会後、ユーロ安に引っ張られる格好で106円10銭まで上昇。ユーロドルはECBが債券購入と長期貸付けプログラムを決めたことでユーロ売りが広がり、1.1056まで下落。

 株価は下げ止まらず、この日は最大級の下げに。ダウは2352ドル下げ、前日比ほぼ10%の暴落。他の主要指数も9~10%下げる。債券は利益確定の売りに押され反落。長期金利は0.80%台に。金は50ドルを超える下げに。利益確定の換金売りに押される。原油は続落。

2月生産者物価指数  → -0.6%
新規失業保険申請件数 → 21.1万件

ドル/円   103.52 ~ 106.10
ユーロ/ドル 1.1056 ~ 1.1302
ユーロ/円  116.38 ~ 118.33
NYダウ   -2,352.60  → 21,200.62ドル
GOLD   -52.00    → 1,590.30ドル
WTI    -1.48     → 31.50ドル
米10年国債 -0.065    → 0.804%

本日の注目イベント

独  独2月消費者物価指数(改定値)
米  2月輸入物価指数
米  3月ミシガン大学消費者マインド(速報値)

 NYダウは前日の1400ドルを超える下げに続いて、昨日はその下げを上回る2352ドルも下げ、一気に2万1000ドル台まで売られました。NY株式市場では寄り付きから売りが殺到し、S&P500は今週2回目の「サーキットブレーカー」が発動されました。その後株価は、一旦下げ幅を縮小したようですが、引けにかけて再び下げ足を速め、結局前日比ほぼ10%下げ、下落幅は過去最大となりました。

 為替市場も大荒れで、ECBが新型コロナウイルスの経済的影響を緩和するために金融政策パッケージを発表したことでユーロ売りが加速し、ユーロドルは1.10台半ばまで売られました。ドル円もその影響を受け、一時は106円台までドル買い・円売りが進みました。昨日の昼前には103円割れ目前の水準までドルが売られ、結局昨日1日だけでも3円を超える値動きになるなど、荒っぽい動きが続いています。ECBは昨日の理事会で、債券購入および銀行への長期貸し付けプログラムを拡大する一方、政策金利は据え置いています。ラガルドECB総裁は世界の成長見通しに対して「重大なショックが生じている」と述べ、流動性を確保するため「包括的なパッケージ」を打ち出したと説明しています。(ブルームバーグ)

 筆者も長い間金融市場にかかわってきたため、為替だけではなく株式、債券にも目を凝らしてきました。今週の世界同時株安はすでに「リーマンショック」を超える動きになっています。金融市場の中でも特に株式市場の下げがきついことから、昨日は金も利益確定の換金売りに押され、50ドルを超える下げに見舞われています。株式の損を、利益が出ているもので埋めるといった行動です。ドル円が106円台まで買われたり、リスクオフの局面にも拘わらず、債券が売られたのも、その一環かもしれません。市場はパニック状態に陥っていると言えます。本日もNY株の暴落から日本株の大幅下落は避けられない状況です。日経平均先物は1万6800円台まで売られ、これは2016年11月以来の低水準です。このままだと、本日の日経平均株価は1500円から2000円も下げることになります。

 市場に流動性を供給するだけではこの混乱は収まりそうもありません。今こそ政府は政治主導でリーダーシップを発揮し、市場にサプライズを与える政策を取るべきです。来週は日米で金融政策会合が開かれます。FBRは大幅な追加利下げに動くことはほぼ間違いないところでしょうが、焦点は日銀の次の一手です。マイナス金利の深堀りや量的緩和の拡大だけといった金融政策だけでは今回の混乱を止められないと思われ、まずは投資家に安心感を与える政策が必要です。今度の土日で、サプライズの対策が出て来ることを期待したいと思います。新型コロナウイルスの感染拡大により、人の動きが止まり、その上に急激な円高と株安が進行しています。「令和恐慌」だけは避けたいものです。

 ドル円は動きが荒っぽく、上も下も想定を超える水準まで動く可能性があります。ここは出来るだけリスクを取らずに、落ち着くのを待つしかありません。基本的にはドルの反発局面でのショートが有効かと思いますが、その水準を探すのが非常に困難な状況です。本日はレンジ予想も「なし」にしたいと思います。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)