前日のNY市場で101円18銭まで売られたドル円は急反発。トランプ大統領が給与税をゼロにするなどの経済対策を検討するとの報道で、105円91銭までドルが買われる。ユーロドルも前日の1.14台後半から反落。1.1275まで売られ、ドルの買い戻しが進む。

 株式市場はトランプ政権の経済対策期待から大幅に反発。ダウは1167ドル上昇し、2万5000ドル台を回復。債券相場は急落。長期金利は0.80%台まで上昇し取引を終える。ドルが買い戻されたことで金は反落。原油価格はロシアの高官がOPECとの交渉の余地があることに言及したことで大幅高。


ドル/円   103.22 ~ 105.91
ユーロ/ドル 1.1275 ~ 1.1394
ユーロ/円  117.47 ~ 119.49
NYダウ   +1167.14 → 25,018.16ドル
GOLD   -15.40   → 1,660.30ドル
WTI    +3.23    → 34.36ドル
米10年国債 +0.262   → 0.803%

本日の注目イベント

英  英1月鉱工業生産
英  英1月貿易収支
米  2月消費者物価指数
米  2月財政収支


 ドル円は大きく反発し、NY市場では105円91銭までドルの買い戻しが進みました。前日のNY市場で101円18銭まで売られてからわずか1日で4円73銭も戻したことになります。「ドルが下げればさらに売り、ドルが上がればさらに買う」という極めて荒っぽい動きで、AIやアルゴが先導する相場展開が続いていると見られます。AIやアルゴには、高値警戒感や安値警戒感といった感情はないものと思われ、組み込まれた執行条件を機械的に行っているだけです。今後しばらくはこのような乱高下が続くという前提で取り組む必要があります。

 ドル円反発の予兆は昨日の朝方にはありました。前日のNYダウが2000ドルを超える「過去最大の下げ幅」を記録したことで、昨日の東京株式市場は寄り付きから大幅な下げを見せ、一時下げ幅は800円を超えていました。ちょうどその頃、「トランプ政権、9日に経済対策検討」とのニュースが流れ、ドル円は一気に103円台まで反発していました。日経平均株価の方はドル円に追随する形で下げ幅を縮小しましたが、依然マイナス圏で、午後にドル円が104円台に入ると、ようやくプラスに転じました。昨日のドル円の急反発に、一部には「レートチェックか?」といった噂も流れたようですが、日銀単独での市場介入は考えられません。それでも水準が水準だっただけに、ショート筋が急速なドルの買い戻しに走ったようです。

 市場介入は2008年のリーマンショック後を最後に行ってはいないようですが、通常、日銀が市場に直接介入することはありません。先ずは、日銀と為替市場での主要プレイヤーである銀行との間にある「ホットライン」で、市場の状況を聞いて回る、この状況を「レートチェック」と呼んでいます。その後、必要ならその銀行にプライスを提示させ、それを日銀がヒットするというのが、筆者がまだディーリング・ルームにいた頃の介入形態でした。恐らく今でもその形式は変わっていないと思われますが、筆者もホットラインが鳴り、レートチェックがあった時には緊張したことを思い出します。レートチェックがわずか1行でも行われれば、その瞬間にその情報は市場に伝播され、相場は一気に流れを変えるのが常でしたが、それでもレートチェックが連日同じように繰り返されると、その効果もほぼなくなります。

 新型コロナウイルスの感染拡大は足元では欧米が最前線になっているようです。昨日の報道では新たな感染者の99%余りは中国以外で確認されており、特にイタリアの感染者は1万人を超えています。昨日、中国の習近平主席は、新型コロナ発生後初めて感染拡大の中心地となった湖北省武漢を訪問し、中国での感染拡大が収まってきたことをアピールしていました。もしそうだとすれば、震源地中国で、40日ほどで感染拡大が減少したことになります。米国や欧米、さらに日本でも感染はまだピークを迎えていないようですが、ある程度のメドが立つことになります。政府は学校の一斉休校などを10日程延長することを決めました。日本での感染が終息するかどうか、その頃には判明すると思われます。

 為替も株もまだ荒っぽい動きが続きそうです。実体経済への影響はこれから徐々に出て来ることになります。日本や米国の経済データが発表されるたびに、相場は上下するでしょうが、昨日発表された2月の工作機械受注は前年同月比30.1%の減少でした。同指標は、景気の先行指標として重要であり、2月は新型コロナウイルスの影響から大幅に落ち込み、10年ぶりの低水準でした。今後はこのように、景気の大幅な落ち込みを反映したデータが続々と発表されると見られます。

 106円近辺まで反発したドル円ですが、状況としては「戻り売り」のスタンスが維持されそうです。「VIX指数」も前日から大きく低下しましたが、足元では「47.3」と、依然高水準で、市場の恐怖感が収まっていないことを示唆しています。本日のドル円は104円~106円程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)