新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けサムスン電子は6日、高価格帯スマートフォンの一部の生産を、慶尚北道(キョンサンブクド)の亀尾(クミ)工場からベトナム工場へ一時移転すると発表した。

  亀尾工場はこれまで「ギャラクシー(Galaxy)S20」シリーズ、「ギャラクシー(Galaxy)ノート10」といった高価格帯製品を生産していたが、COVID-19の感染者が6人発生したことを機に閉鎖されている。

  ベトナムでは移転分として最大で月約20万台を生産し、早ければ3月下旬ごろ韓国への輸出を開始する見込みだ。同社は今回の生産移転について一時的な措置であることを強調し「COVID-19が沈静化次第、海外への移転分を亀尾に戻す」と説明している。

  一方、ベトナムでは6日からこれまでに計15人の新たな感染者が確認された。サムスン電子が高価格帯製品の生産をベトナムに一時移転すると決定した矢先の出来事。同社はスマートフォン年産量の半分程度となる約1億5000万台をベトナムで生産しており、感染者拡大が生産活動に支障をきたすのは明白だ。

  このほかLG電子も昨年、スマートフォン工場を韓国からベトナムに移転しており、大手2社に部品などを供給する韓国企業の間でも不安が広がっている。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)