米長期金利の一段の低下にドル円は106円94銭まで下落。約5カ月ぶりの円高水準を付ける。日米金利差の縮小と金融政策余地の差にも注目が集まり、円を買う動きが加速。ユーロドルも続伸。1月2日以来となる1.1213まで上昇。

 FRBが緊急の会合を開き、政策金利の0.5%引き下げを決めたことで株価は上昇したものの、その後急落。ダウは一時1000ドルに迫る下げを見せ、785ドル安で引ける。債券相・・・・

続きを読む