東京時間に108円台を回復したドル円は、NYでは朝方に売られ107円40銭まで押し戻される。その後は株価の上昇と主要7カ国(G7)電話会議の報道から108円台半ばまで上昇。ユーロドルも徐々に値を上げ、1.1185まで上昇。約2カ月ぶりのユーロ高水準まで買い戻しが進む。株式市場は急反発。主要7カ国(G7)が3日にも電話会議を開催するとの報道や、アジアで株価が反発したことを手掛かりに、買い戻しが活発に。ダウは1293ドル上げ、引け際に一気に上昇幅を拡大。債券相場はほぼ横ばい。長期金利は1.15%近辺で推移。金と原油も大幅に反発。

2月ISM製造業景況指数    → 50.1

2月マークイット製造業PMI  → 50.7

ドル/円 107.40 ~ 108.48

ユーロ/ドル 1.1108 ~ 1.1185

ユーロ/円  119.57 ~ 120.75

NYダウ  +1,293.96 → 26,703.32ドル

GOLD   +28.10 → 1,594.80ドル

WTI   +1.99  → 46.75ドル

米10年国債 ±0 → 1.149%


本日の注目イベント

日 2月マネタリーベース
豪 1月住宅建設許可件数
豪 10-12月期経常収支
豪 RBA、キャッシュターゲット
欧 ユーロ圏1月消費者物価指数
欧 ユーロ圏1月生産者物価指数
米 2月自動車販売台数
米 メスター・クリーブランド連銀総裁講演
米 米大統領選スーパーチューズデー

 これで「負の連鎖」が断ち切れるのか・・・・?米国株は急反発し、世界的な株価の下落にいったん歯止めがかかりました。NYダウの上昇は1000ドルを超え、1293ドル高で取引を終えました。急反発の直接のきっかけは、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁が3日に電話会談を開催し、世界経済に脅威を与えている新型コロナウイルスへの対応を協議するとの報道でした。日米英の中銀は必要に応じて景気刺激策を打ち出すことを表明しています。

 昨日のNYダウの大幅上昇には伏線もありました。先週土曜日の「中国PMIショック」を受けて、昨日の朝、日経平均株価は300円程マイナスで始まり、ドル円もオセアニア市場では片足106円台に突っ込みました。その後黒田日銀総裁の談話が発表され、「潤沢な資金供給と市場の安定確保に努める」とのコメントを残したことで、ドル円は108円台を回復し、株価も200円を超えるプラスで引けました。東京市場が「ゲーム・チェンジャー」になることはそうはありませんが、NY市場にそれなりの好影響を与えたという意味では良い展開でした。問題は、これで株価が徐々に反転に向うのかどうかという点です。株価の動きが元の巡航速度に戻るようなら、ドル円も再び108-110円のレンジに戻ると思われますが、事態はそれほど簡単ではないと思われます。米長期金利と「VIX指数」の動きが、それを物語っています。

 昨日はS&P500も大きく値を戻したこともあり、「VIX指数」も低下しましたが、現時点では「33.4」前後にあります。まだ危険水域と言われている「20」を大きく超えているのが実情です。また、米10年債利回りも前日からそれほど上昇してはいません。まだ安全資産の債券を手放す動きにはなっていないことを表しています。ドル円も同じように、米国株の大幅反発の割には上値が限定的でした。結局、先物主導で大きく売り込まれた米国株が、ショートカバーで買い戻されたに過ぎないということと思われます。米国を始め、主要中銀は政策金利を引き下げると思いますが、それと新型コロナウイルスの感染拡大とは別の話だということです。米国では昨日、ワシントン州で新たに4人が死亡しており、これで米国内では計6人の死者が出ています。米国立衛生研究所(NIH)傘下の国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長はNBCニュースのインタビューで、「新型コロナウイルスの脅威が今や流行の規模に達し、恐らくパンデミック規模になっている」との見解を示しました。(ブルームバーグ)

 本日は米国株の大幅上昇を受けて、日本株がどこまで上値を伸ばせるのかが注目されます。日経平均株価が1000円を超えれば、ドル円も109円に迫る場面もあるかもしれませんが、そこまでの反発は期待薄かと思います。米国では大統領選の序盤のヤマ場である「スーパー・チューズデー」です。昨日民主党の大統領候補の一人であるブティジェッジ氏が撤退を決めました。これで同党の候補者は3人に絞られたようです。トップを走るサンダース氏を、出遅れたバイデン氏が猛追しているようですが、今日は14州で予備選が行われ、その中にはカリフォルニア州など「大票田」が含まれており、今日だけで代議員の3分の1が決まります。「スーパー・チューズデー」から参戦する戦略をとったブルームバーグ前NY市長も登場することから、非常に注目されます。本日の結果が民主党の候補者選びだけではなく、今後の大統領選に大きな影響を与えることになります。本日のドル円は107円80銭~108円90銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)