加賀電子 <8154> は、前日26日に25円安の2136円と3営業日続落して引けた。新型肺炎の感染拡大で25日の米国ダウ工業株30種平均が879ドル安と大幅続落し、26日の日経平均株価も179円安と3営業日続落するなど世界同時株安の様相が強まったことから、同社株にも目先の利益を確定する売り物が続いた。ただ寄り付きの始値より大引け値が高い陽線を示現しており、下値には売られ過ぎ訂正買いも交錯した。今年2月6日に発表した今2020年3月期業績の上方修正を見直して買い手掛かりとなった。続く2021年3月期業績も、今年4月1日に完全子会社化するエクセル <7591> が上乗せとなって続伸期待を高めていることも、フォローの材料視されている。
 
■富士通エレが期初から寄与し医療機器、車載関連が好調
 
 同社の今2020年3月期業績は、期初予想より売り上げを120億円、営業利益、経常利益をそれぞれ20億円引き上げ、売り上げ4420億円(前期比51.0%増)、営業利益90億円(同18.9%増)、経常利益90億円(同14.5%増)、純利益50億円(同37.6%減)と見込み、営業利益、経常利益は期初の減益予想が大きく増益転換する。昨年1月にグループ会社化した富士通エレクトロニクスが期初から寄与して、電子部品事業が医療機器、車載関連を中心に堅調に推移し、増収効果による売上総利益の増加、人員減による人件費の減少、その他経費の抑制も加わったことが要因となった。純利益は、前期計上の負ののれん発生益の一巡や今後の内外の情勢変化に備えて構造改革関連費用を計上することから期初予想を据え置いた。
 
 なおエクセルの子会社化については、現在のところ来2021年3月期に負ののれん発生益約82億円を計上すると発表しているにとどめているが、エクセルが強みを持つ液晶デバイスやEV(電気自動車)関連事業が、富士通エレクトロニクスと同様に相乗効果を高めるとして業績続伸期待を高めている。
 
■PERは11倍台、PBRは0.7倍、配当利回りは2.8%と割り負け
 
 株価は、今期第2四半期(2019年4月~9月期)の好決算報道が引き金となって急伸し、エクセルの子会社化も続いて昨年来高値2714円まで500円高した。年明け後は25日移動線を出没する高値固めを続け、新型肺炎の感染拡大とともに2198円安値まで下ぶれ、今期業績の上方修正で2500円までリバウンドしたが、世界同時株安とともに再び下値を探った。PERは11倍台、PBRは0.76倍、配当利回りは2.80%と割り負けており、まず直近高値2500円を奪回し昨年来高値を目指そう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)