この日も金利は低下し、株価も大幅に下げたことで円への需要が高まり、ドル安円高が進む。一時は109円89銭までドルが売られたが、110円台に戻して取引きを終える。ユーロドルは上昇したが、1.08台後半で上げ止まる。ユーロ円は119円台半ばまで下落。

 株式市場は大幅続落。米疾病対策センター(CDC)が国民に国内での感染拡大に備えるよう注意を促したこともあり、リスク回避の動きが強まった。ダウは879ドル安で、2万7000ドル割れ目前まで下落。債券相場は続伸。10年債利回りは一段と低下し、一時は1.30%台と、過去最低水準を更新。金は9日ぶりに反落。利益確定の売りが優勢に。原油は続落し50ドルを割り込む。


12月ケース・シラ-住宅価格指数 → 2.9%
12月FHFA住宅価格指数    → 0.6%
2月消費者信頼感指数       → 130.7
2月リッチモンド連銀製造業指数  → -2

ドル/円   109.89 ~ 110.67
ユーロ/ドル 1.0832 ~ 1.0890
ユーロ/円  119.41 ~ 119.94
NYダウ   -879.44 → 27,081.36ドル
GOLD   -26.60  → 1,650.00ドル
WTI    -1.53   → 49.90ドル
米10年国債 -0.022  → 1.349%

本日の注目イベント

米 1月新築住宅販売件数


 世界同時株安が止まりません。昨日のNY株式市場では、ダウが879ドル下げ、これで2日間で1900ドルを超える下げを見せ、今年に入って順調に上昇していたダウは、今年の上昇分を全て吐き出したことになります。また、一時は1万ポイントの大台も射程圏内にあったナスダックも、9000ポイントの大台を割り込んで来ました。これまで上昇分が大きかっただけに下げも大きくなっています。「山高ければ谷深し」という格言が思い起こされます。

 昨日の大幅株安のきっかけは、米疾病対策センター(CDC)が国民に対して、「国内での新型コロナウイルス流行に備えるよう」注意喚起を促したことが挙げられます。アジア圏に留まっていた感染が、イタリアなどでも感染が拡大したことで、距離的に離れていることから米国は安全と見られていただけに、CDCによる注意喚起は投資家の新型コロナウイルスに対するリスクを意識させたようです。一方で、トランプ大統領は新型コロナウイルスの感染拡大について、「わが国では極めてうまく制御されている」と述べており、クドロー国家経済会議(NEC)委員長は、「CDCの警告は緊急時の計画に過ぎない。必ずしもそうなるわけではない」と、CDCの警告を和らげる発言をおこなっています。(ブルームバーグ)

 投資家がリスクに対する構えを強めたことで、資金は株から債券に流れています。連日上昇している米債券は昨日も大きく買われ、10年債利回りは一時1.305%まで低下し、過去最低水準を更新しました。引け値では1.34%台まで戻していますが、長期金利の低下に伴ってドル円も再び大きく売られ、一時は110円を割り込んでいます。今回の混乱でもドル円のレンジは110-112円程度と予想していましたが、米長期金利同様、相場は常に「オーバーシュート」が付きもののようです。そして「買われすぎたものは下げる」のも、相場の常です。

 今回の新型コロナウイルスの感染拡大でも、WHO(世界保健機関)はまだ「パンデミック」という言葉を使ってはいません。対応が後手に回っているとの印象もありますが、発生源とみられる中国、武漢の封鎖を解除したと思ったら、すぐに再封鎖するなど、中国の対応も同じです。ポンペオ米国務長官は新型コロナウイルスに対する中国とイランの姿勢を批判し、「発生当初に情報拡散を抑制したことが、事態を悪化させた可能性がある」と指摘しています。

 日本でも感染拡大が止まりません。この影響は企業業績だけではなく、昨日はJリーグが試合延期を決めるなど、スポーツ界にも波及して来ました。早朝のNYからの報告では、株価の下げもそろそろ終息に向うとの意見もありました。個人的にも同感ですが、まだ感染のピークは見えていません。引き続き慎重な投資姿勢を維持する必要があります。

 ドル円は連日値幅も大きく、ボラティリティーも戻った感じがします。好調な米経済データにどのような変化が表れるのかに注視しています。米国では日本ほど外出を控えるような行動は見られないと思われますが、昨日の消費者マインドのように、株価の大幅下落は消費者心理を下押しすることになります。GDPの7割を個人消費が占める米国では、消費行動が極めて需要なファクターになります。

 本日のドル円は109円80銭~110円80銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)