東京地下鉄株式会社(東京メトロ、東京都台東区)はホーチミン市で21日、同市都市鉄道(メトロ)管理委員会(MAUR)および同市メトロ1号線運営会社(HURC1)との間で、相互の友好と協力を深め、同市でのメトロの発展に寄与するために、相互の友好・協力に関する覚書を締結した。

  東京メトロでは、2017年12月に国際協力機構(JICA)より「ベトナム国ホーチミン市都市鉄道規制機関及び運営会社能力強化プロジェクト」を受注し、東京メトロの都市鉄道運営の経験やハノイ市での国際協力に関する経験を活かしながら、現地への社員派遣や日本国内での研修を通じて、プロジェクトを推進してきた。

  今回の覚書では、ホーチミン市の都市鉄道に対して、更なる技術協力や人財育成を行うことに合意した。覚書の内容は以下の通り。

◇MAURまたはHURC1が実施する都市鉄道整備事業に関する建設・運営・管理に係る技術協力および助言。
◇MAURおよびHURC1と東京地下鉄との間の役職員の相互人的交流と協力。
◇MAURおよびHURC1と東京地下鉄との間の都市鉄道に係る情報交換。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)