未だに終息の見通しがたたない新型コロナウイルス肺炎の感染拡大は、2012年~13年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)とは桁違いの蔓延ぶりとなっている。感染者数、流行エリアの大きさから、中国経済が受ける影響も大きくなるだろう。大和総研経済調査部の主席研究員 齋藤尚登氏は21日、「中国経済見通し:新型肺炎で景気は急減速」と題したレポート(全6ページ)を発表し、新型コロナウイルスが中国経済に与える影響を分・・・・

続きを読む