ドル円は東京時間に109円65銭前後まで売られたが、NYでは109円94銭まで反発。ユーロドルでドル高が進んだ影響がドル円にも波及したと見られる。ユーロドルは続落。一時は1.0785までユーロ安が進み、2017年4月以来となる水準を記録。

 株式市場は新型コロナウイルスの影響やアップルが売上高予想が達成できないと発表したことを受け下落。ダウは165ドル下落したが、ナスダックは小幅高。債券相場は続伸。長期金利は1.55%台に低下。金はリスク回避の流れから大幅に続伸し、引け値では2013年以来となる1600ドル台に。原油は変わらず。

2月NAHB住宅市場指数  → 74
2月NY連銀製造業景況指数 → 12.9

ドル/円   109.74 ~ 109.94
ユーロ/ドル 1.0785 ~ 1.0826
ユーロ/円  118.45 ~ 118.80
NYダウ   -165.89 → 29,232.19ドル
GOLD   17.20   → 1,603.10ドル
WTI    ±0      → 52.05ドル
米10年国債 -0.027  → 1.558%

本日の注目イベント

日   1月貿易収支
トルコ 中銀政策金利発表
英   1月消費者物価指数
米   1月住宅着工件数
米   1月建設許可件数
米   1月生産者物価指数
米   FOMC議事録(1月28-29日分)
米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演
米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演
米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
加   1月消費者物価指数

 中国発の新型コロナウイルスの感染拡大がグローバル企業の業績にも影響を与え始めてきました。昨日の朝方、米アップルが新型コロナウイルスの影響で、1-3月期の売上高が予想に届かないことを発表しました。中国での生産が落ち込むことに加え、中国での需要も減少し、「供給」と「需要」の両方で苦戦しているようです。この発表を受け、昨日の東京株式市場ではハイテク株を中心に日経平均株価は大きく売られ、一時は400円に近いマイナスに沈みました。アップルに部品を供給しているハイテク企業の売りが加速し、ドル円もその動きに連動して、109円65銭近辺まで売られました。ただドル円の下落は限定的で、その後の海外市場では109円後半まで値を戻しています。

 2月のNY連銀製造業景況指数が好調でした。1月は「4.8」でしたが、今回は「12.9」と、2017年9月以来の高水準です。特に新規受注と出荷は高水準で、ISM製造業景況指数と比べるとやや傾向が異なります。ISM製造業景況指数の方も底入れ感を示し、1月は節目の「50」を超えては来ましたが、まだ拡大傾向に移行したとは判断できません。今後米国でも新型コロナウイルスの感染拡大の影響が出て来る可能性はあると見られます。

 昨日は米地区連銀総裁の講演が多くありましたが、ダラス連銀のカプラン総裁は、新型コロナウイルスのリスクがあるものの、金融政策はおおむね適切で、2020年末まで現行の政策金利が据え置かれる可能性が高いとの認識を示しました。同総裁は、「成長は引き続き低迷する可能性が高いが、貿易を巡る不確実性がある程度落ち着くため、安定化の兆しを示すだろう」と述べ、新型コロナウイルスの流行は、「中国の成長鈍化、および世界経済成長への下振れリスクを意味する可能性が高い」ものの、「ウイルスが世界の経済に及ぼす最終的な影響を自信をもって予測するのは時期尚早」と語っています。カプラン総裁は今年のFOMCでの投票権を有しています。(ブルームバーグ)

 コロナウイルスの感染の広がりはいまだに阻止できない状態ですが、日本での拡大が世界から厳しい眼で見られています。すでに国内での感染症例は500を大きく超えています。感染者の感染経路を特定できないケースも増えており、人から人への感染が広がり、今後爆発的に感染者が増える恐れもあります。そのため、株式市場ではデパートや物量、交通など、コロナウイルスの感染によって影響が出るであろうセクターの株が大きく売られています。まさに「不要不急」の外出は避け、感染リスクから身を守る行動が求められます。「対岸の火事がいつの間にか、身近に迫って来ている」といった印象です。

 本日のドル円は109円50銭~110円程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)