ベトナム国家銀行(中央銀行)は、決済サービス料金の減免に関する文書を発出した。これは、非現金決済の普及、公共サービスの推進、および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環。

  中央銀行傘下のベトナム国家決済社(NAPAS)が同文書のもとで発表したところによると、NAPASが提示するオンライン決済(公共サービス料金決済を含む)の手数料を2020年12月末まで無料とする。

  このほか、2月25日以降、50万VND(約2400円)未満の銀行間送金の1回当たりの手数料を従来の1800VND(約8.6円)から▲72%減の500VND(約2.4円)に減額する。

  なお、各商業銀行はNAPASの発表した手数料の減額に合わせ、決済手数料の減免を行わなければならない。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)