NY市場が休場のため、ドル円は動きが少なかったが小幅に上昇。109円96銭までドルが買われた。ユーロドルは小幅に反発。1.08台半ばまでユーロの買い戻しが進む。ユーロ円も終始119円台で推移。

ドル/円 109.82 ~ 109.96

ユーロ/ドル 1.0829 ~ 1.0851

ユーロ/円  119.01 ~ 119.19

NYダウ  ------- → 29,398.08ドル

GOLD   ------- → 1,586.40ドル

WTI   ------- → 52.05ドル

米10年国債 ------- → 1.585%


本日の注目イベント

豪   RBA、金融政策会合議事要旨公表
独   2月ZEW景気期待指数
英   1月失業率
米   2月NAHB住宅市場指数
米   2月NY連銀製造業景況指数

 消費税引き上げに台風、さらには暖冬と、これらの影響をもろに受け、昨日発表された日本の10-12月期GDPは年換算でマイナス6.3%と、市場予想よりもマイナス幅を拡大させていました。マイナス成長は予想されていましたが、今回の大幅なマイナス成長は昨年10月からの消費税増税の影響が大きかったとは言えません。政府は、軽減税率の導入やキャッシュレス還元など、消費税増税後の反動を想定した施策を実施しており、個人消費のマイナス幅は前回の消費税増税時の「4.・8%」に対して今回は「2.9%」と、小幅に留まっていました。上記施策は一定の効果をあげたと考えられます。

 問題は、今年の1―3月期です。消費回復が見込まれていましたが、暖冬に加え、中国発の新型コロナウイルスの感染拡大の影響が大きく出てきそうです。一部にはすでに2期連続のマイナス成長を予想する向きもあるようですが、政府が「不要不急の外出を控えるように」と国民に訴えていることで、多くのイベントの中止を余儀なくされ、個人消費が抑制されそうです。昨日東京都は、3月1日に行われる「東京マラソン」の一般参加を中止するという「苦渋の決断」を発表しました。知人も楽しみにしていた東京ドームで毎年開催される「蘭展」をキャンセルしたとのメールをもらいました。「人が多く集まるところには極力行かない。」ということでしたが、このような行動が個人消費の下振れにつながることは間違いありません。野村証券でも、全国の本支店で開催予定だった「個人向けセミナー」の中止を決めています。新型コロナウイルスの感染拡大がどこまで続くかにも大きく影響されますが、2期連続のマイナス成長もないとは言えません。

 新型コロナウイルスは日本での感染拡大が目立ってきました。昨日の夜もこのニュース一色でした。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で、新たに99人の感染が確認され、同船で業務にあたっていた厚労省の職員の感染もありました。また感染経路を特定できない感染者も5人程いるようで、今後爆発的に感染者が増えることも否定できないとする専門家の声もあります。中国でも来月5日に予定されている「全人代」の延期を検討しているようで、もし延期されれば、数十年ぶりの延期ということになるようです。一方で、新たな感染例が12日連続で報告されていないマカオでは、政府が20日のカジノの営業再開を認めたとの報道もあります。また中国科学技術省生物センターは17日、北京での記者会見で、新型コロナウイルスに抗マラリア薬「サン酸クロロキン」が有効であるとの見解を明らかにした。(ブルームバーグ)との報道もあります。今しばらく拡大ペースの推移を見守るしかありません。

 ドル円はNY市場が休みのため目立った動きはなかったものの、ジリ高の展開でした。109円96銭までドルが買われ、再び110円を試そうとしている動きのようにも見えます。もっとも、正念場はこの水準から110円30銭近辺までです。まだトレンドはニュートラルと見られますが、新型コロナウイルスの感染拡大や株安といった悪材料の割に健闘しているのも事実です。本日のドル円は109円60銭~110円10銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)