欧州議会はフランスのストラスブールで12日、ベトナムEU自由貿易協定(EVFTA)およびベトナムEU投資保護協定(EVIPA) の2つの協定を承認した。これに先立つ2019年6月、ベトナムと欧州連合(EU)は同2協定に正式に調印した。

  欧州議会におけるEVFTAの採決結果は賛成401、反対192、棄権40で、EVIPAはそれぞれ407、188、53だった。

  EU側は今後、加盟国の承認を経て、批准手続きを完了することになる。ベトナムのチャン・トゥアン・アイン商工相は、「全て順調にいけば7月にも発効する見通しだ」と語った。

  EVFTAにより、EUからベトナムに輸出する品目の65%に対する関税が即時撤廃され、残りは今後10年間に順次撤廃される。一方、ベトナムからEUに輸出する品目の71%に対する関税が即時撤廃され、残りは今後7年間に順序撤廃される。最終的に、双方の輸出品目の99%に対する関税が撤廃されることになる。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)