ハイネケン・ベトナム・ブルワリー社(Heineken Vietnam Brewery Limited)は、東南部地方バリア・ブンタウ省にあるビール工場に1兆6500億VND(約79億円)を追加投資することを明らかにした。

  工場は、同社が2016年にカールスバーグベトナム社(Carlsberg Vietnam)から買収したもの。今回の追加投資により、同工場への投資総額は9兆1510億VND(約440億円)に増強される。

  ハイネケンは年内に同工場の年産能力を現在の6億1000万Lから11億Lへと引き上げる計画だ。このうち、ビールが10億7500万Lで、シードルが2500万Lとなる。

  同社は「ハイネケン(Heineken)」や「タイガー(Tiger)」、「ラルー(Larue)」、「ビージーアイ(BGI)」、「ビビナ(Bivina)」、「デスペラドス(Desperados)」、「アフリゲム(Affligem)」、「ストロングボウ・サイダー(Strongbow Cider)」の各ブランドを展開している。

  現在、ハノイ市と南中部沿岸地方ダナン市、同クアンナム省、ホーチミン市、バリア・ブンタウ省、南部メコンデルタ地方ティエンザン省でビール工場6か所を運営している。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)