■今期は売上高が連続最高を、各利益は2期ぶりに最高を更新の見込み

 ショーエイコーポレーション <9385> は1968年の創業以来、包装資材の中で軟包装と呼ばれる分野(フィルムパッケージ)を中心に企画・製造・販売を行い、現在は、「パッケージ事業」「メディアネットワーク事業」「日用雑貨品事業」の3つの事業のシナジーにより、消費を喚起する企画・製品を提案するビジネスモデルを展開している。
 
 今期・20年3月期の連結業績見通し(2月7日発表現在)は、2ケタの増益率で各利益とも2期ぶりに最高益を更新する予想を公表しており、売上高は190.0億円(前期比6.7%の増加)、営業利益は7.0億円(同31.7%の増加)、親会社株主に帰属する当期純利益は4.43億円(同39.7%の増加)、1株利益は69円96銭。
 
■PERは12倍そこそこで東証1部平均との比較で評価不足が歴然
 
 株価は年初から上昇傾向を強めており、2月7日の終値は843円(3円高)。
今期予想1株利益から見たPERは12倍そこそこに過ぎず、東証1部上場全銘柄の平均PER16倍台と比較して割安さが目立つ。評価不足が歴然といえる。
 
■第3四半期の連結営業利益は32%増加し純利益は28%増加
 
 この第3四半期の連結業績(2019年4月から12月まで累計)は、売上高が142.67億円(前年同期比7.7%増)となり、利益面では、国内で運賃の負担増などがあった一方、タイ子会社の原料価格の安定、生産効率化により、営業利益は4.77億円(同31.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は2.81億円(同28.2%増)となった。
 
 売上高においては各事業とも前年同期を上回り、パッケージ事業の売上高は前年同期比0.5%増の61.23億円、メディアネットワーク事業の売上高は同じく4.2%増の32.08億円、日用雑貨品事業の売上高は同12.8%増加して58.81億円。利益はメディアネットワーク事業、日用雑貨品事業の2つの事業が前年同期を上回った。
 
 今期の業績予想は、売上高が連続最高を更新する見込みで、収益は各利益とも2期ぶりに最高益を更新する見込みになる。通期業績予想に対し、第3四半期までの進ちょく率をみると、売上高は75%、営業利益は68%、純利益は63%。売上高は順調な反面、利益の進捗はやや遅れ気味に見受けられるが、「タイ子会社の業績回復により最終的には予定通りの着地を予想する」(決算短信より)としている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)