ドル円は東京時間に上昇し、109円98銭まで買われたが、NY市場では109円台後半から110円の間で張り付いたまま小動き。ユーロドルはやや水準を下げ、1.0964前後まで下落。約4カ月ぶりとなる安値を記録。

 株式市場はこの日も上昇。中国が米国からの輸入品の関税を一部引き下げるとの発表を好感。3指数とも揃って最高値を更新し、ナスダックは初の9500ポイントに乗せる。債券相場は横ばい。長期金利は1.64%台で若干低下。金と原油は揃って上昇。

新規失業保険申請件数    → 20.2万件
10-12月雇用コスト指数 → 1.4%

ドル/円   109.82 ~ 110.00
ユーロ/ドル 1.0964 ~ 1.1004
ユーロ/円  120.56 ~ 120.94
NYダウ   +88.92 → 29,379.77ドル
GOLD   +7.20  → 1,570.00ドル
WTI    +0.20  → 50.95ドル
米10年国債 -0.009 → 1.642%

本日の注目イベント

日  12月景気一致指数
中  1月貿易収支
独  12月貿易収支
独  12経常収支
独  12月鉱工業生産
米  1月雇用統計
米  12月消費者信用残高
加  1月就業者数
加  1月失業率
米  企業決算 → ウーバー、ブリストル、ツイッター

 NY株は昨日も上昇し、ダウはこれで今週だけで1100ドル程上げたことになり、ナスダック指数は初めて9500ポイントの大台に乗せています。市場の金余りが根底にあることはこの欄でも何度か述べてきましたが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大より、世界経済が減速することが予想され、主要国は再び緩和姿勢を強めるとの期待も株価を押し上げているようです。

 事実、今週に入ってタイや、ブラジル、さらにフィリピンでも利下げに踏み切っています。IMFのゲオルギエバ専務理事は日経新聞とのインタビューで、主要国は緩和政策を維持すべきだとの認識を示しています。連日のNY株の大幅高に、さすがの日経平均株価も昨日は久しぶりに急騰しました。500円を超える上昇を見せていた指数は、午後に中国が対米関税の一部引き下げを発表すると、日経平均株価は680円近辺まで上昇し、大商いだったようです。

 一方で新型コロナウイルスの感染拡大は止まっていません。昨日は中国武漢市で、今回の新型ウイルスに早くから警鐘を鳴らしていた医師の李文亮氏が亡くなり、同氏が勤務していた武漢市の中心医院は「当院の眼科医、李文亮氏は不運にも新型コロナウイルスの感染拡大と闘う取り組みの中で罹患し、あらゆる救命措置を講じたものの、7日午前2時58分に亡くなった」と説明しています。(ブルームバーグ)市場の楽観的な雰囲気と、連日報道される新型肺炎のニュースに違和感を覚える人も多いのではないかと思いますが、私もその一人です。

 トランプ大統領は弾劾裁判で無罪を勝ち取ったことで「我が国の勝利だ」「魔女狩りだ」といった言葉を使い、勝利宣言を行ないました。「無罪」を伝えるワシントンポスト紙を片手で振りかざしながら声高に自身の潔白を主張していました。今回の弾劾裁判での無罪は当初から予想されていたことで驚くべきことでもありませんが、前日議会で、トランプ氏の演説原稿を破って見せたペロシ下院議長は強烈にトランプ氏を批判し、「米大統領は代わるだろう」と述べていました。先日のギャラップ社が報じたように、2大政党である共和党と民主党の分断は、これまで目にしたことがないほど深まっているようです。

 中国は、今月14日から米国からの約750憶ドル(約8兆2500億円)相当の輸入品に対する関税率を半分に引き下げると発表しました。中国が昨年9月1日に発動した報復関税の税率10%を5%にするというものです。米国産の豚肉や大豆、原油など1700品目が対象になると見られています。中国のこの発表は、今後予定されている貿易協議の第2段階を有利に進めたいとの思惑があるようですが、トランプ氏はこの「英断」を歓迎するものと思われます。

 ドル円は110円手前で足踏み状態です。株価の大幅高にドル買いが優勢にはなっていますが、いまいち勢いはありません。株価が再び調整を見せるようだと、今度は素直に下落に転じる可能性もあります。110円台ではドル売り注文が多いのは予想できますが、抵抗帯としては110円から110円30銭辺りと見ています。今夜の雇用統計でこのゾーンをブレイクできるのか、注目点の一つです。ADP雇用者数の上振れや、昨日の週間失業保険申件数が低水準に留まっていることなどから、期待値は高まっているようです。

 本日のドル円は109円50銭~110円50銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)