ファンデリー <3137> (東マ)は健康食宅配事業を主力として、ヘルスケア総合企業を目指している。20年3月期第3四半期累計は減益だった。第4四半期稼働予定の新工場が寄与して通期大幅増益予想だが、計画達成に不安が残る。第4四半期の挽回を期待したいが、通期下振れに注意が必要だろう。株価は急反落したが売り一巡感を強めている。

  ■健康食宅配サービスのMFD事業が主力
<・・・・

続きを読む