つみたてNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)といった長期にわたる積立投資で資産形成を進めるという投資が広がり、ファンドの評価も3年、5年という中長期の運用成績を客観的に評価することが重要になってきた。明治安田アセットマネジメントが設定・運用する「新成長株ファンド(愛称:グローイング・カバーズ)」は、中長期の運用成績が高いという点で注目される。2004年4月に設定された同ファンドの設定来の累積リターンは・・・・

続きを読む