三菱商事株式会社(東京都千代田区)および野村不動産株式会社(東京都新宿区)は、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)子会社で住宅開発最大手のビンホームズ[VHM](Vinhomes)がホーチミン市で推進する大規模開発事業「グランドパーク(Grand Park)プロジェクト」内の分譲住宅事業に共同で参画することに合意した。

  グランドパークプロジェクトはVHMが進めている全体敷地約271haのタウンシップ開発で、オフィス・住宅・スポーツ施設・商業施設・学校・病院・公園などの都市機能を充実させ、居住人口20万人が集う街を新たに創造するプロジェクト。2023年に全区画が完成する予定。

  同プロジェクトはホーチミン市中心部から直線距離で約20km(車で約40分)の同市9区に位置し、ロンタインハイウェイ・ハノイハイウェイ・環状3号線(2021年開通予定)などの道路ネットワークの整備が進んでおり、交通利便性に優れた立地となっている。また、同市は9区およびその周辺にハイテクパークや工業団地を積極的に誘致していることから、引き続き人口増加に伴う旺盛な住宅需要が見込まれる。

  三菱商事と野村不動産はメジャーシェア80%を取得し、同プロジェクトの第2期開発に参画する。敷地面積26万m2、延べ床面積79万3600m2、棟数21棟、総戸数1万戸超の分譲住宅となり、総事業費は約1000億円。2020年上期に販売を開始し、2022年上期に竣工・引き渡しの予定だ。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)